BLEACH ブリーチ 608話「黒より黒し」のネタバレ画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

BLEACH ブリーチ 608話「黒より黒し」のネタバレ画バレ

週刊少年ジャンプ連載中ブリーチ608話「黒より黒し」のネタバレ画バレ。

画バレ:
 
ブリーチ 608話「黒より黒し」のネタバレ画バレ1
ブリーチ 608話「黒より黒し」のネタバレ画バレ
ブリーチ 608話「黒より黒し」のネタバレ画バレ3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネタバレ:
ついに本気を出した兵主部は筆を刀(一文字)に変化させる。
その刀を観察するユーハッバ。
刀からは霊圧が感じられないと言うユーハバッハ。

刀が一瞬だけ筆の形に戻って見えたユーハバッハは
ハッとする。
それを見て「どうした 筆か刃か 見分けがつかんかね」
と兵主部は言う。

兵主部が刀を振るうと墨が飛び散るが、ユーハバッハに
外傷を与えることはない。

「なんだその刃は 墨をばらまくばかりで
 一向に斬れぬではないか!
 今までと同じ名を半分に斬る刃か?」

ユーハバッハはもし力を奪われても取り戻すことができるから
自分は倒されないと言う。

「その剣の名は 何というのかね
 知るまい いや 知っておるのか
 その剣には名が無いという事を
 名も無きものに力無し 名も無き剣で 名も無き十字で
 わしを殺せると思うかね」

一文字に塗りつぶされたものは名前を失う。
ユーハバッハ自身にも黒い墨が付着している。

ユーハバッハも負けじと能力発動。

「簒奪聖壇(ザンクト・アルタール)」

十字の光で兵主部の能力を奪おうとするユーハバッハ。
しかし兵主部の一文字は世界の全ての黒は兵主部のものに
なってしまう。
兵主部から力を奪っても結局兵主部のものになってしまうため
意味がない。

2014年12月04日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます