黒子のバスケ-黒バス- EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ 「キセキの世代が再び終結するぞ!!」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

黒子のバスケ-黒バス- EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ 「キセキの世代が再び終結するぞ!!」

週刊少年ジャンプネクスト連載中、黒子のバスケEXTRAGAME第1話「派手にいこうぜ!」の
ネタバレ、画バレです。

キセキの世代が再び終結!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネタバレ、画バレ


黒子のバスケ EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ1
 
ナレーション
『不世出の5人の天才、キセキの世代
 そしてその5人が一目置いた存在、幻の6人目
 その幻のシックスマンは自分が影となるべき光と出会う
 そして光と影の二人を中心とした誠凛はキセキの世代全員が出場したウインターカップで数々
 激闘の末、優勝
 時にその過程は歪んでしまったキセキの世代達に影響を与え彼らはそれぞれ自分の
 歩むべき道を進み始めた
 だが…
 その後一度だけ光と影 キセキの世代
 彼ら全員の道は重なることになる』

空港にはアメリカから来る圧倒的人気ストリートバスケットチームジャバウォックを
報道陣が待ち構えている。

ジャバウォックはリーダーを含めて全員が18歳前後のチーム。
来日イベントの後、大学生チームと親善試合する。
女性の記者が試合についての意気込みを聞く。

ジェイソン・シルバー
「あ〜ん? 意気込みねぇ 違う意気込みならあるぜ」

女性記者を部屋に誘うジェイソン。
他のメンバーを日本人をバカにしている様子。
リーダーのナッシュ・ゴールド・ジュニアが報道陣の質問に答える。
通訳・ガイドはカゲトラ。
カゲトラは今回のイベントを仕切っている人と知り合い。
黒子のバスケ EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ2


一方、誠凛メンバーは体育館で練習している。
リコはカゲトラから親善試合のチケットを2枚入手している。

リコ
「行く人いる?」

小金井は我さきにと名乗りをあげるが、伊月が空気を読んで日向に行くよう
催促する。

日向
「はあ!? なんでそうなんだよ!? 火神とか特に好きそうじゃねーかこーゆーの!」

伊月
「気にすんな オレらはテレビで観るから」

日向
「答えになってないだろ!!」

黒子と火神が会話に混ざることなく練習をしている。

リコ
「休憩中なんだからほどほどにね」

降旗
「やっぱインターハイの結果は悔しかったんだろーなー」

1年生
「そんな…出ただけでも十分すごいじゃないすか…」

降旗
「ばっかお前ら そんな心持ちじゃ マジで裸で告るハメになるぞ」

1年生
「降旗先輩震えやばいス!!」

練習を再開する2、3年。
先輩達の体力に驚く1年。

土田
「そんなことないよ 2年も3年も最初はお前らと似たようなもんさ
 がんばれば結果はちゃんと出るからな」

リコ
「じゃあチケットは私と日向君で行っちゃっていいのね?」

日向
「えっ!? あ お おうっ」

小金井
「日向! キメろよ あのコのハートにクラッチシュート!」

日向
「何言ってんだお前は!?」

小金井は日向の方をポンとしてエールを送る。


翌日の朝、リコが自宅の2階から降りてくる。
そこへカゲトラが帰宅。

カゲトラはジャバウォックの連中と六本木のキャバクラに行っていたらしい。
キャバクラと聞いてカゲトラの顔面に蹴りを入れるリコ。
キャバクラ店はジャバウォックの連中に荒らされたらしい。

カゲトラ
「悪ガキなんてもんじゃねぇぞありゃあ
 明日の試合も無事終わるかどうか あー胃が痛え」


イベント当日。
親善試合の相手はスターキー。
テレビやタブレット端末で見てるキセキの世代と黒バスレギュラーキャラ達。
黒子のバスケ EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ3


ジャバウォック入場。

紫原
「ねぇ室ちん この人らってスゴいの?」

キセキの世代以上だが、悪い噂ばかりだったという氷室。
ジャバウォックボールで試合が始まる。
ナッシュのマークにつく笠松。

笠松
(パスもらって即ドリブル よく言えばスムーズ 悪く言えばルーズ
やっぱストリートはテンポが違うな さあどうきやがる!?)

ナッシュが素早いドリブルを見せる。

今吉
(うわはっ 人間技ちゃうで!!)

ナッシュは自分の背後にボールをバウンドさせ、それを肘で当てパスを出す。
そしてジャバウォックの選手が軽々とシュートを決める。
全くジャバウォックのプレイについていけなかったスターキー。

観客
「うわぁあなんだ今のドリブル!? からのエルボーパス!? すっげーカッケー!!」

リコ
「スッゴォ」

開いた口が塞がらない日向。

そこからジャバウォックはスターキーを挑発したりおちょくったりしながらも
無双し、終わった頃には86対6と80点の差もつけて圧勝。

火神
「いや けどこれは」

青峰
「やりすぎだろ ストバスのプレイで相手を挑発したりおちょくったりするのは
 珍しくもなんともねぇ
 むしろ高等技術キメたらクールってもんだ けどアイツらはそれしかやってねぇ
 見下してる感じがモロに出てんぜ」

暗い雰囲気に包まれる会場。

笠松がナッシュに握手しようとするがスルーされる。
女性がナッシュに試合についてインタビューする。

ナッシュ
「そうだな 今回の試合で改めて思ったよ お前らを見てると心底ヘドが出る
 ここにいる奴ら全員 いやこの国でバスケごっこをしている奴ら全員
 今すぐやめるか死んでくれ

 お前らにわかりやすく例え話をしてやるよ
 人間とほぼ同じ知性を持つサルがいたとしてそいつらが相撲をしてんだよ
 まわしをしてルールも慣習もそっくりマネてよ

 である日お前らの国の力士にこう言ってくんだ
 同じ力士気取りで僕らと一緒に相撲をしようよ!

 お前がもしそのサルと相撲をとることになったらどう思う?
 ブチ殺したくなるだろーが!

 親善とか笑えねーんだよ 子供連れてこいと言ったのはそんなサルの子供の夢を
 つぶしたかったからだ
 家族連れでこいと言ったのはそんなサルの家族に最低の思い出をプレゼントしたかったからだ

 一言だあ?
 まずはお前らはサルってことを自覚しろ
 サルにバスケをやる権利はねえよ! ははは」

本性を現したナッシュは笠松の手に唾を吐き捨てる。
ナッシュの発言に驚愕する会場、日向とリコ。
ブチギレ寸前の黒バスレギュラーキャラ達。
黒子のバスケ EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ4

カゲトラ
「待てコラガキ共ー!! せっかく来たんだもう少し遊んでけよ
 オレがおごってやるからよ」

カゲトラが悠長な英語で呼び止める。

カゲトラはジャバウォックに1週間後にリベンジマッチを申し込む。
もし負けたら腹を切る、ジャバウォックが負けたらワビを入れてイカダで家に帰れと言う。

シルバー
「ああ? 何言ってんだオッサン なんでオレ達がもう1回試合やんなきゃなんねーんだバカか」

ナッシュ
「待て オレはこのまま黙るサルなら許せるがナメた口きくサルはカンベンならねぇ
 オッサンのハラキリショーなんざどうでもいいがなんなら違う形で償いはしてもらうぞ」

シルバー
「オイオイマジかよー」

ナッシュ
「1週間後 二度とナメた口きけないようにしてやるよ」

リコ
「ちょ パパ リベンジマッチってメンバーはどうするつもりなのよ!?
 あんな奴らに勝てる奴なんて」

日向
「そんなもん あいつらに決まってんじゃねーか!!」


後日。
カゲトラに召集されたキセキの世代、赤司、紫原、青峰、緑間、黄瀬。
緑間はやかんを持っている。
黒子のバスケ EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ5

カゲトラ
「おう来たか 基本全員はじめましてだな」

黄瀬
「てかオレらだけなんスか? あの2人は」

そこへ黒子と火神が登場。
黒子のバスケ EXTRA GAME 第1話 ネタバレ 画バレ6

赤司
「オレ達に勝った2人だ 当然だろう」

カゲトラ
「おーしそろったなー 全員よく来てくれたな 改めて礼を言わせてもらう
 事情はもうわかってると思うがアイツらに対抗できるとしたら今ここにいるメンツっきゃねぇ
 控え選手もまだ何人かに声をかけるつもりだがこのチームで1週間後のリベンジマッチに挑む
 こんな機会はおそらく二度とねぇだろう 今回限りのドリームチームだ 派手にいこうぜ!」

黒子のバスケ EXTRA GAME 第2話に続く。

2014年12月28日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます