東京喰種:re(トーキョーグール:re)のネタバレと画バレ 第12話 月山さん・・・えぇぇー!?|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

東京喰種:re(トーキョーグール:re)のネタバレと画バレ 第12話 月山さん・・・えぇぇー!?


週刊ヤングジャンプ連載中、東京喰種:re(トーキョーグール)第12話「枯魂:12」 
のネタバレ、画バレ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回のあらすじ

ナッツクラッカーがいる喫茶店に調査に行くクインクス班。
ナッツクラッカーとスキンヘッドの男が話している内容を聞き取ろうと才子が
耳を澄ませるが、厨房のハンバーグの焼ける音を聞いてしまうというボケをかます。
それに不知がツッコミを入れているうちグラスが床に落ちてしまう。
その音でナッツクラーカー達に存在を気づかれてしまうクインクス班。


12話の概要

・月山の調子はかなり悪いらしい。
・チエと月山は仲が良い。
・ドナートがハイセの記憶の鍵を握っているグールについて話す。
・ハイセが自分がグール捜査官であることをトーカに言う。
・ナッツクラッカーの操作のためハイセ達は女の子に変身する。

12話のネタバレ、画バレ

ベッドに寝ている月山にハイセのパンツを手渡す叶。
月山についてはしっかり描写されていない。
手は下膨れになっている。
東京グールreのネタバレと画バレ1

「習さまなにか感じられますか? たとえば感触や香りなど」

月山
「わからない この頃は自慢の鼻も効かなくてね
 ああ けれど そうだね
 なんだか懐かしい感じがするよ それにとても良いデザインだ」


叶は月山が何も感じないと言っていたとチエに伝え、汚いパンツをさっさと
しまうよう言う。
チエは月山の反応を聞いて驚いている。

(習さまがあのようなものに)

チエは本当に?と叶に聞く。

「ハートネッキヒ(くどい)薔薇は嘘をつかん」

叶はこのパンツが誰のものかチエに聞く。
チエはグール捜査官の佐々木琲世のものだと答える。

(佐々木琲世 名無し(ハイセ)ふざけた名前だ)
「モルモット 貴様が習さまのかつてのスクールメイツであろうが
 たかが人間 いつでも殺せるということを忘れるな」

自分を殺したら月山は叶のことを軽蔑すると思うよとチエが言う。
月山はチエにペット程度の愛着を持っていて、付き合いも叶と同じくらい長い、
自分を殺す必要があるなら月山自身がやるだろうしと根拠を言う。
叶はチエを煙たがりながら帰っていく。

チエ
(叶くんが探りを入れてきたってことは反応あったかな月山くん)


月山とチエの回想。
時間は2人の学生時代。

女子生徒が文武両道・財閥の御曹司である月山を素敵、晴南高校の誇りだと言っている。

チエ
「月山くんか なんだか面白そう」


チエは月山の捕食現場に出くわす。

月山
「邪魔したな僕の一口目をォ!
 君を明日のディナーショーに招待するよ
 答えたまえ 今君の瞳には何が映っている?」

月山はチエをペットとみなしているため捕食対象ではない。


月山と仲良くなっているチエ。

月山
「堀! 聞いてくれ! 凄く珍しい食材を見つけたんだ!
 咀嚼した暁には一晩掛けて君に感想を語ってあげよう!」

チエ
「えー やだなあー長いし」

月山
「ハハハ 子ネズミ!」
東京グールreのネタバレと画バレ2



チエ
(月山くんの捕食現場を私が撮ってからそろそろ9年か)
「まだまだ楽しませてよ月山くん」


会議室。
クインスと什造、半兵衛達が会議をしている。
才子は座りながら寝ている。
瓜江はいない。
東京グールreのネタバレと画バレ3

半兵衛
「では手元の資料をご確認下さい
 これはナッツクラッカーの家宅で発見したリストの写しです」

ハイセ
「リスト?」

このリストは食材の注文リスト。
このリストがマダム達とナッツクラッカーが繋がっている証拠だと言う半兵衛。

ハイセ
「ナッツは人攫いもやるということですか
 オークションの品を集めているのかも知れませんね」

オークションはマダム達が主催しているショーの1つ。
ビッグマダムについて説明するハイセ。
その間、什造は無言。

マダムが絡んでくると大きな案件になりⅡ課と協力体制を組むことになるかも
しれない。
喰種対策Ⅱ課は大局的な視野が必要となる組織戦などで対策のブラインとなり
計画や指令を担う役割がある。
CCG内でも頭脳派のエリート集団。


会議が終わり廊下を歩いているクインクス班。
話題は瓜江の手術について。

不知
「なあサッサン 瓜江 急に病院とか大丈夫なのか?」

ハイセ
「ごめん 僕も一報受けただけで柴先生には連絡付かないし
 大事じゃなければいいんだけど 数日で戻れるみたいだからその間は僕らで捜査しよう」

瓜江の手術が始まる?


ハイセは1人でドナートに会いに行く。

ドナート
「いい私にとっては暇つぶしの会話の一つ」

ドナートに協力してもらったにトルソーを逃がしたことについて謝るハイセ。
ドナートはそのことについて全く気にしている様子はなく別件について話したいことが
あるらしい。


ドナート
「あるグールについてだ の前にハイセお前は自身の記憶についてどう考えている?」

ハイセ
「!」

自分の記憶が戻らないでいいという思いと本当にこのままでいいのだろうかという
思いで葛藤しているとハイセの心理を分析するドナート。
前は吹っ切れている様子だったが今日は表情に陰りが見えると言うドナート。

ドナート
「最近なにかあったな トルソーでの失敗か 失敗の原因か」

ハイセ
「ドナートさんは僕の考えをまとめて下さるので助かります」

ドナート
「クク 普通の人間はそれを嫌がる
 人は基本分析されたくないものだ」

ハイセ
「僕に気持ちが揺らいだ理由があるとすればオロチと僕が
 知り合いだったかも知れないからです」

 しかし何故今僕の記憶の話を? 別件というのは」

ドナート
「あるグールに個人的な興味があってな

 お前の記憶の扉を開く鍵の一つになりうる 奴の名は」



ハイセは1人でカフェ「re」に来ている。

トーカ
「ご自由に …本」

佐々木
「あ どうも…」

店内にある本を眺めているハイセに声をかけるトーカ。

トーカ
「以前 先生って学校の方ですか?」

佐々木
「ああ いえ 僕グール捜査官なんです 僕は彼らの指揮官で」
東京グールreのネタバレと画バレ4


ドナート
「ハイセ オロチの件を隠したのはお前自身心の何処かで失った記憶を
 恐れながらも求めているからではないか?
 空の器を満たすものがあたたかなスープであること 友人として願おう」

佐々木
(空の器か)

自宅でみんなとミーティング中にドナートの言葉を思い出しているハイセ。
ナッツクラッカーは13区にあるクラブなどで捕獲用の人間を品定めする。
その対象(リストの記載されいる)になるのは義眼の人間や声楽家などの珍しい人物から
身長体重のみが書かれているだけのものまである。

ハイセ
「なるほど(このリストなら)君達
 僕らは女になる」

不知、六月はチーンとする。

才子
「なんと」
東京グールreのネタバレと画バレ5

東京喰種:re(トーキョーグール:re)13話に続く。 
 

2014年12月30日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます