【マギ】大高忍先生の上手な漫画の描き方 ストーリーの極意|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

【マギ】大高忍先生の上手な漫画の描き方 ストーリーの極意

週刊少年サンデー第6号にマギの作者、大高先生流の漫画の描き方が
書かれています。
日本の中でもトップクラスに売れているマギを形作るストーリー
構築方法とは!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【マギ】大高忍先生の漫画の描き方

大高先生の見た目ってこんな感じなのか?
そういえば”とある”シリーズの作者も書きたいことを大量にストック
するという大高先生寄りの書き方だったような。

まずは描きたいシーンを考えて、それに肉付けしていくというのが
大高先生のストーリーの極意みたいです。
たしかにこの方法なら描きたいシーンが決まっているので
ブレブレになる心配は少なくなりそうですね。

漫画を描くことのに行き詰っている人は参考にすると良い思いできるかもw

2015年01月10日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しのユーザー
    • 2015年01月10日 21:31
    • ○ェラ30分の人か

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます