マギ-Magi- ネタバレ 画バレ 253話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

マギ-Magi- ネタバレ 画バレ 253話

週刊少年サンデー連載中マギ-Magi-253話「譲れない戦い」のネタバレ、画バレ、確定です。
画バレは後ほど。


管理人の感想


なるべく戦いたくない派のアリババですが、そのアリババをやる気に
させるために白龍の非道を目撃させるという展開に。
アリババも本気で白龍と激突しそうな感じですが、
どう決着を付けるのでしょうか。

白龍がアリババを洗脳するか、アリババが白龍をボコボコにするか。
この2つになると思いますが、・・・さすがにアリババが白龍を処断することは
ないですよね。
白龍を倒した後、身柄を紅炎に持っていかれたら危なさそうですが。
改心させるよりも処断してしまったほうが確実ですからね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


マギ-Magi-ネタバレ画バレ253話


-白龍が攻勢に出る-

金属器を発動、戦闘態勢に入る白龍。

白龍
「だから死んでください! アリババ殿!!」

アリババ
(もう一つの!? 白龍 新しいダンジョンを攻略していたのか
姉さんの事に触れるべきじゃなかった・・・!)

自分のミスを後悔するアリババ。

白龍
「そう怯えずとも大丈夫ですよ 殺すのはあなたの頭の中だけですから
 このベリアルでね」

白龍はアリババを肉体的に殺すのではなく記憶操作して操ることが
目的だった。
ベリアルを使ってアリババの記憶操作をしようとする白龍、
そこへアラジンが登場。

アラジン
「アリババくん大丈夫!?
 黒いルフが見えたんだ どうして気が付かなかったんだ
 白龍おにいさんは・・・白龍おにいさんは・・・もう堕転してる!」

白龍が堕転しているという事実を聞き驚愕するアリババ。
そこへジュダルも登場。

ジュダル
「あ~あ バレちまった せっかく俺が目眩まししてやったのによ!
 だってお前ら嫌いだろ!? 堕転した王の器は・・・
 でも白龍が金属器を使えば流石にルフが騒いじまったみてーだな」

白龍の黒ルフをジュダルが隠していたらしい。

白龍
「それとも二人とも既に紅炎の下僕なのですか
 それではますます帰すわけにはいきませんね」

アリババ
「何言ってんだ白龍!!?」

白龍
「二人とも・・・紅炎ではなく俺の兵士になっていただく!
 記憶操作ベリアル・ザケーラ!」

白龍の見せた幻は紅炎がバルバッドを焼き払ってザイナブ達を殺す
光景だった。

アリババ
(バルバッドの仇 練紅炎を殺す!
そのためには白龍と手を組まなければ)

速攻で洗脳されたアリババは白龍に手を伸ばす。

-ジュダルの未知なる強さ-

しかし、アラジンが割って入る。

アラジン
「(レ・・・レン紅炎ヲ殺ス・・・!?)
 ちがう こんなの僕の記憶じゃないよ!」

必死にベリアルの記憶操作に反抗するアラジン。

ジュダル
「なるほどボルグか! ボルグは悪意ある攻撃を弾く技
 ベリアルの技も魔法である以上ひっかかっちまうみてーだな
 ハハッ 残念だったな白龍よぉ」

白龍
「フン どのみちアリババを書き換えるにも6日間拘束し続けねばならん
 腕や脚の一本や二本奪ってでも力で従わせてみせる
 そうでなくては」

ジュダル
「その通りだぜ」

白龍&ジュダル
「戦わなくては意味がない!!」


白龍は魔装して本気を出す。

アリババ
「やっやめろ 白龍!!
(こいつ・・・本気だ・・・殺られる!)」

アリババも魔装して応戦する。

アリババ
(マゴイ操作! マゴイの膜で槍を覆っている アモンの剣で斬れねぇ!
同じだ 大聖母のときと)

ジュダルも攻撃を始める。

ジュダル
「降り注ぐ氷槍 サルグ・アルサーロス!」

アラジン
「やはりずっとパワーアップしてる! バルバッドの戦いの時よりも・・・
 ジュダルくん 君は一体!?」

ジュダルの強さに驚くアラジン。

-ついにアリババもやる気になる-

アリババは一時撤退しようとしている。
そんなアリババの目に煌帝国の兵士達の姿が入ってくる。

アリババ
「な なんだ そいつらの頭は!?」

白龍は兵士達の怒りを制御するために、ザガンの植物を脳に植え付けている。

アリババ
「植物を・・・脳に植えつける・・・!?」

白龍
「そうだ 帝都を奪還するために必要だからやった
 自国を取り戻すための手段を躊躇するあなたが腑抜けなのだ アリババ・サルージャ殿」

怒りに震えるアリババ。

アリババ
「その人達もお前の国民だろうが!
 守んなきゃならねー人達相手になんでそんなひでぇこと出来るんだ
 てめーは!!」

白龍
「バルバッド国民にも同じ技をかけるぞ」

アリババ
「・・・!」

だんだんとヒートアップしてきたアリババ。

白龍
「紅炎の本拠地の軍属だ 脳をぶち壊してしまうのが占領するのにも手っ取り早い」

アリババ
「絶対に・・・そんなことはさせねえ!!」

白龍
「そうだ 己の譲れないものの為に俺と戦えッ!!」

マギ-Magi-254話に続く。

2015年01月20日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます