BLEACH ブリーチ ネタバレ 614 「ユーハバッハに勝てる気がしない」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 614 「ユーハバッハに勝てる気がしない」

週刊少年ジャンプ連載中ブリーチ614話「KILL THE KING」のネタバレ、画バレです。


管理人の感想


ひよ里がシリアスモードになるとそばかすが無くなるようです。
しかし死神勢はかなりの大所帯になりましたね。
でも、ユーハバッハの未来予知には勝てる気がしないなー。
完全催眠の時もそうでしたがボスキャラがめちゃくちゃ強い(そうに見える)。
愛染の時みたいに完全催眠を発動せずに負けるという感じではなさそうなので
より絶望感がありますね。
これは一護の二刀流に期待ですわ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


BLEACH ブリーチ ネタバレ 614


-さらに増える戦力-

平子達の元へ元ヴァイザードの連中がやってくる。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 614 01

ひよ里
「よォーし! 準備はええか死神どもォ!」

平子
「お前なんでここにおんねん!?」

ひよ里
「はぁ!? あんたが浦原の手先ンなってウチらに面倒事押しつけて
 きよったからここにおんねやろ ハゲたこと言うてんなよハゲが!」

平子
「ハア!? ハゲじゃないから覚えてませーん!」

ひよ里
「ハイハイやかましいオカッパは無視しまーす!」

平子
「無視されるらしいで砕峰」

砕峰
「私のどこがオカッパだ 殺すぞ」

ひよ里はハリボテのきゅうすのようなものを持っている。
それを傾けて中から液体を出すひよ里。
水たまりを作る。

ルキア
「液体に見えるのに濡れた感覚がない」

ひよ里が出した液体は尸魂界と段界、段界と現世の歪みに発生していた物質らしい。

浦原
「霊王宮へ向かう移動エネルギーの元になります
 先ほど夜一さんには緊急で少量用意してもらいましたがひよ里サン達には
 残る大部分を更に精製してもらっていました
 これを隊長サン達の霊圧と融合させます
 さて 羅武さん リサさん ハッチさん ひよ里さん
 解剖室の右手奥の棚に死覇装があります 着替えてコチラに参加して下さい」

ひよ里
「なっ」

-ひよ里のそばかすが消失-

ひよ里が浦原につっかかろうとするが羅武がおさえ担ぎ上げる。

羅武
「わかった」

ひよ里
「あ コラァ! ウチまだ何も言うてへんぞ! 放せ羅武!」

羅武
「ゴチャゴチャ言うんじゃねーよ ローズもシンジも拳西も命張ってる中で
 どのツラ下げてこのまま帰るってんだオメーは」

憂いに沈んだ表情を見せる4人組。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 614 02

剣八
「でどうすんだこれで? 霊圧込めたら全員で上にスッ飛んでくのか?」

浦原
「いいえ これから創るのは門です ここと霊王宮を直接繋ぐ門を創ります
 黒崎サンが障壁を破ってくれた今しか使えない方法です 戻る方法は無いかも知れません」

砕蜂
「貴様と言う奴は今頃それを言うか!」

浦原
「スイマセン 怒らないで下さいよ」

砕蜂
「そうでは無い! 言えば我等が怯むやも知れぬと思った
 貴様のその侮りに腹を立てているのだ
 貴様もかつては十三隊の端くれだったならば護廷十三隊を舐めるな!」

浮竹
「皆同じだってことさ 護廷を背負う気持ちはね」

剣八
「はっ 舐めるだの護廷を背負うだの戻れるだの戻れねぇだの知ったことかよ
 俺ァ連中をぶちのめせりゃそれでいい ボヤボヤしてんなよ とっとと行こうぜ」

浦原
「そうッスね とっとと行きましょ みんなで」

ひよ里は死覇装に着替えているが表情がかなり暗い。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 614 03


-まさに最強の敵-

霊王宮に到着した一護達。
ユーハバッハに止めにきたと言う一護。
しかしこの状況さえもユーハバッハには視えていた。

ユーハバッハ
「霊王を殺させぬ為に私を止めに来たのだろう」

一護
「視えていた? どういう意味だ?」

織姫
「黒崎くん あの人なんだか眼が」

織姫に言われてユーハバッハの眼に気づいた一護はその眼は何だと
ユーハバッハに聞く。

ユーハバッハ
「この眼は全てを見通す眼 真の滅却師たる者の証 お前はここへ来る前に和尚に会い
 バラバラの和尚を蘇らせ 奴に言いくるめられてここへ来た
 全て視えていた お前がここへ現れる事も そして現れたお前が既に手遅れである事も
 霊圧は死んだ お前に為す術は最早無い」

剣の刺さった霊王を見つけ息を飲む一護。
そして一護は霊王の元へ駆けより剣を抜こうとする。

ユーハバッハ
「剣を抜いて霊王を救うか 抜くがいい
 お前にならそれができよう その剣を抜き放ちお前自身の手で
 尸魂界を滅ぼすがいい」

一護が剣を抜くとその剣から一護の顔へ模様のようなものが走る。

一護
「何だ どうなってる!? 剣が・・・」

霊王を斬る一護。

ユーハバッハ
「そうだ 視えていたぞ一護 お前の中の滅却師の血は決して霊王の存在を許さない
 さあ一護よ 共に視よう 尸魂界の終焉を」

BLEACH ブリーチ ネタバレ 614 04

ブリーチ615話に続く。

2015年02月05日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます