進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ

別冊少年マガジン連載中、進撃の巨人66話「願い」のネタバレ、画バレ画像です。


概要とか管理人のどうでもいい感想


前回ヒストリアが巨人化したと思ったんですが実は巨人化したのは
ロッドでした。
もう完全にヒストリアが物語の主人公になってるんだがw
エレンはやっぱヒロインだな。

なぜレイス家が巨人を支配して人間を解放しなかったのか、
この理由は明かされませんが、やはり初期のころに考察されていた人間が
最高位の立場に立っていた世界はろくでもなかったから巨人による
支配がなされたという理由が近そうですね。

そしてエレンがついに巨人化。
以前のリヴァイ班壊滅時とは違い巨人化して戦う選択を取るエレン。
しかも鎧の巨人?になる模様。
やっと話が大きく動きそうでワクワクしますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ


『蘇る記憶・・・。』

ヒストリアは巨人化から解けるユミルの姿を思い出している。
さらに幼少期のフリーダとのひと時も新たに思い出す。
ヒストリアとフリーダは木の柵越しに話をしている。

ヒストリア
「痛ったぁ」

フリーダ
「どうしたのヒストリア?」

ヒストリア
「トゲ・・・刺さった・・・」

フリーダ
「ありゃあ・・・見せて 何これ? 木のトゲ?」

ヒストリア
「私もそっちに行こうとしたらから・・・」

フリーダ
「え・・・? ・・・柵を越えようとしたの?」

ヒストリア
「うん・・・」

フリーダ
「・・・ダメでしょ? 柵の外に出ちゃ・・・柵の外に出るなって言ったでしょ!!」

ものすごい形相で怒るフリーダ。
フリーダの描写の間に「心臓を捧げよ!!」とユミルの「いいことしようとしてるだろ?」
のシーンが挟まる。

進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ01


ヒストリアは注射を打たずに固まっている。

ロッド
「どうしたヒストリア・・・怖いか?
 中の液を体内に押し込むだけでいいんだぞ?」

ヒストリア
「お父さん・・・どうして姉さんは・・・戦わなかったの?」

ケニー
「・・・何だよ 根性ねぇなヒストリア・・・さっさとなっちまえよ
 この世界の支配者に・・・」

無言で俯いているエレン。

ヒストリア
「・・・フリーダだけじゃなくてレイス家は人類が巨人に追い詰めてられてから
 100年もの間・・・どうして巨人の脅威を排除して人類を解放してあげなかったの?
 すべての巨人を支配する力を持っておきながら・・・

 思い出したの 姉さんは・・・時々人が変わったみたいになってた・・・
 何かに取り憑かれたように・・・私達は罪人だとか言って・・・その後は・・・ひどく落ち込む
 ずっと何かに悩まされてるように

 それは・・・失われた世界の記憶を継承するからなの?
 初代王の思想も受け継ぐという・・・」

ロッド
「そうだ この壁の世界を創った初代レイスの王は人類が巨人に支配される
 世界を望んだのだ」

驚くヒストリアとエレン。

ロッド
「初代王はそれこそが真の平和だと信じている
 ・・・なぜかはわからない 世界の記憶を見た者にしか」

ヒストリアの腕を掴むロッド。

ロッドの父も王の思想を継承している。
その父にロッドと弟は巨人から人類を解放することを何度も訴えた。
しかし父はそれを許さず理由も離さなかった。
そして王の思想をウーリが継承する時になった。
ウーリはロッドに「どうか祈ってくれ」と言う。

ロッド
「私は巨人の力を受け継いだ弟の目を見てその意味を理解した
 この世界を創りこの世の理を司る全知全能にして唯一の存在へと
 弟はなったのだ
 それを何と呼ぶかわかるか? 神だ
 我々はそれを神と呼ぶ

 すべての災いには意味がある
 人類が滅ぶ定めにあるか生きる定めにあるか
 生きる定めにあるかは神に委ねられる

 私の使命は神をこの世界に呼び戻し祈りを捧げることにある
 説明が足りなくて悪かった・・・しかし・・・我々に他の選択肢が残されているか?」

ヒストリア
(・・・無い どの道エレンの中に王の力があっても人類に望みは無い・・・
 ・・・でも私は姉さんや歴代の継承者のように初代王の思想に支配される・・・
 そう・・・祈ることしかできない
 神を宿す・・・それが私の使命・・・そして・・・お父さんが望む私の姿・・・)

ヒストリアはユミルの言葉を思い出している。
ロッドがヒストリアの腕に液を流し込もうとする。

ユミル
「私の願望なんだがな お前・・・胸張って生きろよ」

ヒストリアはロッドから注射器を奪い地面に叩きつける。
そしてロッドに掴みかかり一本背負い。

進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ02

ヒストリア
「何が神だ!! 都合のいい逃げ道作って都合よく人を扇動して!!
 もう! これ以上・・・私を殺してたまるか!!」

ヒストリアはロッドのカバンを持ってエレンの元に向かう。
そしてエレンの拘束をとこうとするヒストリア。

エレン
「何やってんだよお前!?
 お前がオレを食わねぇとダメなんだよ!!
 お前は選ばれた血統なんだぞ!?
 オレは違う!!オレは何も特別じゃない!!
 オレがこのまま生きてたらみんなが困るんだ!!
 早くオレを食ってくれ!! もう辛いんだよ生きてたって!!」

「うるさいバカ!! 泣き虫!! 黙れ!!」と言ってエレンをぶつヒストリア。

進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ03


ヒストリア
「巨人を駆逐するって!?
 誰がそんな面倒なことやるもんか!!
 むしろ人類なんて嫌いだ!!
 巨人に滅ぼされたらいいんだ!!
 つまり私は人類の敵!! わかる!? 最低最悪の超悪い子!!
 エレンをここから逃がす! そんで全部ぶっ壊してやる!!」

父、ウーリ、フリーダの名前を口にしながら地面を這いつくばり
注射器の液を舐めるロッド。

ロッド巨人化。

進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ04


レイス家の人間が巨人化したならこのまま食べられればいいと
言ってヒストリアに逃げろと言うエレン。
しかしそれを拒むヒストリア。

ヒストリア
「私は人類の敵だけど・・・エレンの味方
 いい子にもなれないし神様にもなりたくない
 でも・・・自分なんかいらないなんて言って泣いてる人がいたら・・・
 そんなことないよって伝えに行きたい
 それが誰だって! どこにいたって! 私が必ず助けに行く!!」

ロッドの巨人化の爆風で吹っ飛ぶヒストリア。
壁に激突しそうになったヒストリアをミカサがキャッチ。
リヴァイがエレンのカギを受け取りジャンとコニーと共に
エレンを解放させようとする。

ジャン
「いいか半裸野郎!? 巨人だけじゃねぇぞ!?
 鉄砲持った敵も飛んで来てんだ!!」

リヴァイ
「イヤ・・・その前に天井が崩落する」

天井が崩れ岩がエレン達の所へ落ちて来る。
間一髪のところでエレンの拘束具が外れよける4人。

ロッドの巨人化は超大型巨人よりでかい。

ケニー
「オイオイオイ ロッド!!
 下手こいてくれたなっ!!
 結局てめぇも巨人に無知だったってことはよ~よくわかったぜクソが!!」

そこへケニーの部下達がやってくる。

ケニー
「来るなお前ら─」

降ってくる巨人。
ケニーの部下達は潰されてしまった?

エレン達も逃げ場を失う。

エレン
(何で・・・!? オレを食うんじゃなかったのか・・・!?
 みんな死ぬ・・・!!
 巨人化するか? イヤ・・・地面が落ちてくるんだ・・・巨人の体程度じゃ防げない・・・
 みんな潰れてしまう・・・)

エレンは仲間の顔を見渡す。
そしてエレンは意を決する。

エレン
「ごめんみんな・・・オレは役立たずだったんだ・・・
 そもそもずっと・・・最初から人類の希望なんかじゃなかった・・・」

エレンは落ちているビンに目をやる。

エレン
「・・・ヨロイ?」

ビンには例の文字(ユミルが読めた文字)が書かれていて
鎧の巨人になれる薬か?
エレンの弱気にがっくりくるジャン、コニー、サシャ。

リヴァイ
「毎度お前にばかり・・・すまなく思うが エレン
 好きな方を選べ」

エレンは女型の巨人戦の時の自分の選択を思い出す。
そしてその時とは別の選択をするエレン。

エレン
「うああああああ
 (ごめんなさい・・・最後に一度だけ・・・許してほしい 自分を信じることを)」

エレンは駆け出しさっきのビンをかみ砕く。
エレン巨人化。

『希望よ膨れ上がれ!!』

進撃の巨人 ネタバレ 66 画バレ05

進撃の巨人ネタバレ67話に続く。

2015年02月08日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます