銀魂 ネタバレ 529話 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 529話 画バレ

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂529話「忘れ物」のネタバレ、画バレ、確定。


管理人の感想


銀さんは変装して逃げ切ることに成功。
しかしその変装がちょっと着替えた程度で、しかも人通りも少ない
にもかかわらず見廻組の前を通っても全く気付かれないというw

そして沖田が土方を慕っているような描写があると思ったら、
土方の隊服に「死ね」と書くイタズラをしているといういつもの展開に。
今までの暗い雰囲気が嘘のようにいつもの銀魂に戻りましたね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


銀魂 ネタバレ 529話 画バレ


近藤さん
「おっ・・・お前は・・・なぜお前が・・・ここに・・・」

桂の登場に驚いている近藤さん。


「この国を救う そのためには真選組の力が必要だ
 そしてお前がこの窮地から救われるにはこの逃げの小太郎の力が必要だ」

近藤さん
「まさか・・・お前は・・・」


「近藤 俺がお前をここから救い出す だから共にこの国を救え」

銀魂 ネタバレ 529話 画バレ01


佐々木は信女と会話している。
喜々に付き合ったことで桂を捕まえることができてその甲斐があったと
話している佐々木。

信女
「桂が・・・」

佐々木
「ええ 狂乱の貴公子 逃げの小太郎 数々の異名を取る攘夷志士の巨魁
 どんな男かと思っていましたが拍子抜けするような呆気無い最後でしたよ」

信女
「喜々公の首を狙ってきたのではないと じゃあ坂田銀時を救いに来たとでも」

安い餌で大物が釣れたと話す佐々木。
本当の標的は別だったらしい。

佐々木
「手に入れた権威をひけらかしたいだけの暴れん坊将軍に付き合った甲斐はあった
 幸い事件の前後の記憶をなくし 私達が坂田さんを逃したことも気づいてないようですし
 全ては旧きもの達に負ってもらいましょう 松平片栗虎に近藤勲 そして桂小太郎
 旧き時代を彩った首を一堂に並べられるなんて新時代の幕開けに相応しいでしょう」

信女
「で その新時代とやらで私達は何をやるの
 高杉も真選組も誰もいなくなった残骸の上で高見からふんぞり返って座って
 オシマイなの」

佐々木
「意外と座り心地いいですよ」

信女にも座ってみるよう言うが拒否される。

信女
「そんな高見に座るくらいなら地べたで這いずってたほうがマシ」

信女はそう言うと部屋から出ていってしまう。

佐々木
「やれやれ 気の早い娘だ
 忘れちゃいませんよ 私もアナタも」

銀魂 ネタバレ 529話 画バレ03


桂サイド。

桂は近藤さんの牢屋に丸い玉を投げる。


「その丸薬を俺が合図したら飲め 三日後の処刑を待たずしてお前は死ねる
 とは言っても仮死状態だが」

近藤さんは桂をすぐ信頼できるはずもなく「どういうつもりだ」と声を荒げる。

近藤さん
「攘夷志士のお前が仇敵である真選組局長を脱獄させるためわざわざ捕まったってのか」


「案ずるな 俺にとって牢獄は近所の定食屋と変わらん タダ飯を食える場所にすぎん」

近藤さん
「いや定食屋タダじゃねぇよ! 食い逃げしてた!?」


「くわえてここでは過去のことは忘れろと言ったのはお前だ
 よって俺の行為は定食屋で飯を食っていたゴリラを動物園の
 檻に帰す程度のことだ」

近藤
「最終的にゴリラ 檻にカムバックしてるけど!」

近藤さんは外にいる土方達にこれ以上迷惑をかけられないと言う。


「それも心配ない
 今頃お前の仲間たちもエリザベスと合流し我等を救出する算段を整えているはず」

近藤さん
「人の話きいてた!?
 合流ってなんだ!? お前まさかヤツラまで
 そんなマネすりゃ全員まとめて打首だ!
 成功したとしてもこの先誰が江戸を護る!?」


「このままでも何も護れはせん 惚れた女一人でさえもな」

お妙さんの話が出て表情が変わる近藤さん。

近藤さん
「お妙さんになにかあったのか!?」


逃げた銀さん達を追う見廻組は万事屋を包囲する。

銀魂 ネタバレ 529話 画バレ02


変装して逃げきった銀さん。
土方とお妙さんは志村道場で新八と神楽も合流。

お妙さん
「ごめんなさい 真選組に続いて万事屋まで
 私達があの時あんなことをしなければ・・・ごめんなさいみんな・・・」

お登勢さんは見廻組に銀さん達について聞かれている。
その前を素通りしていく銀さん。

お妙さん
「ごめんなさいみんな」

そんな姿はアネゴじゃないと励ます神楽。

新八
「そうです 悪いのは」

土方
「何も出来なかった警察(俺たち)だろ」

お妙さん
「土方さん・・・」

土方
「何も出来ねぇ・・・近藤さんはその命を賭して俺達に
 警察手帳を託してった
 だが・・・このままじゃ・・・
 警察のままじゃ 俺達ゃ近藤さんも江戸も何も護れねぇ」

神楽
「なら警察手帳なんて捨ててかつての攘夷志士(敵)と手組んででも
 国と喧嘩するアルか」

土方
「やつらはそうすると?」

神楽
「・・・
 ゴリラを助けられるなら誰とでも組んでやるって でも・・・」

沖田も「俺は動くわけにはいかねぇ」という言葉を思い出す。

回想沖田
「局中法度第四条 局長が不在の際は副長に隊の指揮権が委ねられる
 隊士達はこれに従うべし
 俺は副長(アイツ)の指示があるまで動かねェ ここまできたんだ
 近藤さん救いに行く時も見捨てるときも俺は副長(アイツ)といく」



桂サイド。
近藤さんを説得する桂。


「動けば戻れん だがこのままこの国に飼われていては
 この国から何者も護ることは出来ん
 腐ったこの国の法に従い死んでゆくお前達には仲間も愛する者も
 そしてこの国も救えはしない

 護りたいもの 護れぬものがあるならばその歪んだ檻を打ち破り
 その錆びた鎖を引きちぎれ

 貴様らにその剣を握らせ続けていたのは時代とともにうつろう脆き法か 否
 貴様らが魂に誓った鉄の掟 局中法度のはずだ」

屯所に土方が到着。
そして屯所の扉に張られている立ち入り禁止のテープを斬って捨てる土方。
屯所の扉の前で銀さんも待っていた。
扉を開けるのに躊躇している土方に銀さんが声をかける。

銀さん
「忘れもんか」

土方
「ああ」

銀さん
「だが取り戻せば そいつが最後になる
 ここを開ければもう二度とここへは戻ってこれねぇ」

銀さんは自分が先生を斬ったことを重ねている。

銀さん
「俺も同じだ 昔似たような事があった
 護りたいもんが二つあった どちらも失いたくなかった
 だがそのうち一つを捨てねぇと 二つとも失う目にあった」

どちらを選んだんだと土方は聞く。

銀さん
「どっちも護ろうとした だがそいつはどっちも捨てることと同じだった
 今でも夢に見るよ もっとマシな方法があったんじゃねぇかって
 だがお前は迷う必要なんてねぇじゃねぇか まだ今なら間に合う」

銀さんと土方は2人で屯所の扉を開ける。
そこには隊服を着た沖田達、真選組の面々が敬礼をして待っていた。

銀さん
「まだどっちも護れる お前なら お前達なら」

沖田
「副長 忘れもんです!」

隊服を土方に投げる沖田。

沖田
「さっさと着替えてさっさと指示を!」

隊服の上着を羽織る土方。

土方
「指示するまでもねぇ・・・俺の制服に落書きした奴切腹!」

土方の隊服の背中には「死ね」と書かれている。

銀魂 ネタバレ 529話 画バレ


銀魂530話に続く。

2015年02月12日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しのユーザー
    • 2015年02月16日 08:55
    • よしっ
      とりあえず土方が近藤さん救いに行く決心してくれてよかった!
      夜明けは近いぞ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます