テラフォーマーズ ネタバレ 画バレ 130話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

テラフォーマーズ ネタバレ 画バレ 130話

週刊ヤングジャンプ連載中、テラフォーマーズ最新話130話のネタバレ、画バレ、確定。


管理人の感想


130話はどうやってゴキブリが地球にきたかの説明でした。
アメリカとロシアに迎撃失敗させるとかゴキの知能高すぎw
で、
次週いよいよ地球VSゴキになるんですが、まさかの休載。
作者が急病みたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


テラフォーマーズ ネタバレ 130


アメリカ大統領
『国防総省の地下にバグズ1号の残骸が保管されている事は
 小町艦長はおろか合衆国内でも大統領を含め数人しか知らない・・・
 何年前だ?
 そう─10年は昔になる・・・

 最初に発見したのは中国の衛星だった
 どの国も心当たりが無いと言うその飛行物体はあろう事か
 正確な角度で地球の大気圏に突入しようとしていた
 私はこの時─相手がテラフォーマー等と思ってもいなかった』

大統領
「なめるなよ 交渉くらいさせて貰えると思ったか」

大統領
「当然だ・・・いくらイルカの知能が人間並だからと言って
 じゃあヤツらが海中で戦車造って地上に攻めに来れるか?
 例えるならそれくらい差があるのだ・・・
 地球と火星では─
 文化も資源も何もかもケタが違うのだ!!」

テラフォーマーズ ネタバレ 画バレ 130話01

結局ゴキが乗ったバグズ1号はアメリカとロシアの協力で
撃ち落とすことに成功する。

『残骸はバグズ1号と判明し中からは一匹のテラフォーマーが見つかった
 恐らくだがテラフォーマーがバグズ1号をいじったら偶然地球へ帰る
 プログラムが作動してしまったのだ・・・と』

しかし、バグズ1号からは気球くらいの大きさの繭が太平洋に着水していた。

テラフォーマーズ ネタバレ 画バレ 130話02

『どのタイミングで分離したのか
 その気球程度の大きさのものは太平洋に着水した
 あらゆる紫外線有害物質・菌・温度差を遮断し内部の環境を保つ能力─
 その繭は鋼鉄の強度で何百層にも重なって造れていた・・・』


北海道にいるゴキは双眼鏡を使って地図を見ている。

大統領
「地球文明を甞めるなよ・・・!!
 今度こそ対地ミサイルで跡形も無く蒸発させてやる・・・!!!
 北海道張君市及び笠擦市に避難勧告
 同時にアメリカ軍の北海道上空での活動を全面許可」

蛭間
「全ての責任は俺が取る
 あの個体が北海道に居る内に方を付ける!!」

『地球戦力VSゴキブリ』

テラフォーマーズ ネタバレ 画バレ 130話03

テラフォーマーズ131話に続く。
作者急病のため次週休載。

2015年02月14日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しのユーザー
    • 2015年02月15日 02:07
    • 5 いや~熱いですね!!
      地球環境に適応していきながら、どこかでコロニーを形成して期が熟すまで待っていたんでしょうね。
      火星での火山噴火が合図かな?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます