アニメ『ゆるゆり』が反日派韓国人を親日派に激変させる|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

アニメ『ゆるゆり』が反日派韓国人を親日派に激変させる

「日本を恨んでいたけど親日派になった」という韓国人、
きっかけは「アニメ」・・・京都で日韓友好を祈る=中国版ツイッター


アニメ『ゆりゆり』が反日韓国人を親日派に激変させる


中国のネット上で「反日的だった韓国人が日本のアニメに触れて親日派になった」というエピソードが紹介され、ちょっとした話題となった。

中国版ツイッター・微博で22万人のフォロワーを持つ新浪アニメチャンネルのアカウントが14日、「“2次元”に国境なし 韓国の『憤怒青年』、アニメによって反日感情消える」とするツイートを掲載した。
ツイートでは「近ごろある日本のサイト宛てに、韓国ネットユーザーからの奇特なメールが届いた」と紹介。
そのメールには、日本のアニメ「ゆるゆり」を勧めた日本のネットユーザーに感謝が綴られていたという。

続きはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



アニメの影響力はすごいですね。
長年培ってきた思想まで変えてしまうとは。
良い方向に影響を与えるのは歓迎ですが、アニメ見て殺人に興味持ったみたいな
ことは勘弁ですね。


2015年02月22日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます