暗殺教室 ネタバレ 130話 「シロはカエデの兄だった!?」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

暗殺教室 ネタバレ 130話 「シロはカエデの兄だった!?」

週刊少年ジャンプ連載中、暗殺教室130話「仇の時間」のネタバレ(画バレ)です。
加筆中。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


暗殺教室 ネタバレ 130話


生徒達はカエデが昔出演していた映像を見る。

杉野
「言われてみれば確かに茅野だ
 すげえな 顔つきから雰囲気まで全然違う
 この演技力じゃ1年近くも正体隠していられるわけだ」


(茅野は誰とでも仲良しだけど誰にも深入りしなかった
 僕の近くによくいたのは僕の殺気の陰に自分の殺気を隠していん
 今思えば巨大プリンもダミーの暗殺だ
 このクラスで何もしなければ逆に怪しいから演じていたんだ
 明るく楽しく ほとんど危険の無い茅野カエデを)

岡島
「殺せんせー 茅野・・・先生の事人殺しって言ってたよ
 なぁ・・・過去に何があったんだ?」

殺せんせー
「・・・」


カエデの過去。
カエデの姉あぐりは昼は教師をやっているが、夜はある研究所で
手伝いをしていた。
その姉を迎えにいくカエデ。
研究所で何かあったらしく厳重な警備体制。

カエデ
「今の方が気楽だなー 成績良かったし普通に就職目指そっかな」

カエデは自分の進路のことで悩んでいたらしい。
その時、研究所で爆発が起こる。
大騒ぎになる研究所内だが、カエデは研究所内に入っていく。

そして姉の死体と殺せんせーを目撃する。

暗殺教室 ネタバレ 130話 「シロはカエデの兄だった!?」01

殺せんせーが消えると姉に駆け寄っていくカエデ。

カエデ
「お姉ちゃん お姉ちゃんったら」

泣いているカエデが発見したのは殺せんせーの書置き。

殺せんせー
『関係者へ 私は逃げるが椚ヶ丘中3ーEの担任なら引き受けてもいい
 後日交渉に伺う 超破壊生物より』

その近くにあった薬品(触手の種)を持ち帰るカエデ。

カエデ
(何故それを持ち帰ったかは説明できない
 ただ・・・あの見た事もない怪物に対抗する手段は・・・
 この中にしか無いと直感していた)
「試作人体触手兵器
 人間に後天的に移植するタイプ 強大な力を得られる反面
 メンテナンスを怠れば地獄の苦痛?・・・どうでもいいよ」

そしてカエデは椚ヶ丘中に転入する。

カエデ
(役者になると決めた時もそうだった 私はそうと決めたら一直線だ)

理事長室にいるカエデ。

教員
「こんないきなりうちの転入試験に合格できた子は初めてだよ!
 えっと茅野カエデさん」

カエデ
「ありがとうございます」
(住民票を偽造 昔演じた単発ドラマの没役の名前 演じよう完璧に!)

カエデは理事長室で暴れる。

カエデ
「この学校って・・・素行不良の生徒が行く組があるんですよね」

理事長
「・・・」

カエデは帰宅。
姉との会話をふと思い出すカエデ。

あぐり
「あかりは可愛くていいよねー お姉ちゃんその遺伝子が羨ましいよ」

カエデはあぐりの大きな胸を見る。

カエデ
「・・・私もね」

あぐり
「どうしたの? まぁ私達共通点は黒髪くらいか あはは」


あぐりとの共通点である黒髪も染めることを決意するカエデ。

カエデ
(あの怪物がお姉ちゃんの受け持ってたクラスを乗っ取る理由はわからない
 けど妹の私がする事はひとつ)

カエデは首に注射をうつ。

暗殺教室 ネタバレ 130話 「シロはカエデの兄だった!?」02

カエデ
(復讐の色を悟られぬよう・・・演じきるだけ)


そしてカエデの転入当日。


「あ 君確か・・・」

カエデ
「うん 今日から転入なの 髪長いね」


「あー 短くしたいけど色々あって切れなくて」

茅野
(目立っても目立たなくても警戒される
 だから配役を工夫しなきゃ 私より目立つ主役を造り
 私はその脇役に徹するんだ)

暗殺教室 ネタバレ 130話 「シロはカエデの兄だった!?」03

渚を目立たせるため渚の髪を一瞬で結ぶカエデ。

カエデ
「ホラ! 私と一緒! 茅野カエデ! よろしくね!」


現在。

茅野
(触手が私に聞いてきた どうなりたいのかを 私は答えた
 殺し屋になりたいと
 恨みも激痛も全ての本心を押し殺し決行の時まで演じ切れる殺し屋に
 例え自分が死んでもいい 仇さえ討てるのなら)

カエデの元へやってくるシロ。

シロ
「やっぱり君は人の言う事聞かないなぁ 私の準備が整うまで待つよう忠告しといたのに」

茅野
「アンタに何ができるっていうの?
 イトナ君の面倒も見れずに投げ出したくせに」

シロ
「その格好を見る限り代謝バランスも不安定だね
 野良の触手を使い続ける者の結末は・・・」

カエデはシロを触手で攻撃。
それを避けるシロ。

カエデ
「消えて 私一人で殺るんだから」

シロ
「水くさい事言うなよ・・・たった一人の兄さんに」


教室。

殺せんせー
「先生の・・・過去の全てを話します
 ですがその前に茅野さんはE組の大事な生徒です
 話すのは・・・クラス皆が揃ってからです」

19時になり、カエデが指定した場所に集まる殺せんせーと生徒。

カエデ
「来たね じゃ終わらそ!」

暗殺教室 ネタバレ 130話 「シロはカエデの兄だった!?」04

暗殺教室131話に続く。

2015年03月05日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます