銀魂 ネタバレ 534話 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 534話 画バレ

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂534話「観察の鉄則」のネタバレ、
画バレ、確定。


管理人の感想


桂&近藤さんの無双の直後、佐々木の銃弾をモロに受けて
重傷を負う桂。
桂は銃撃に気づいて近藤さんを庇ったけど、近藤さんは全く
気付いていないように見えますな。
近藤さんの強さがいまいち分かりません。

今回は山崎が全員のピンチを救うファインプレーを披露しますが、
いかんせん山崎のためいつものようにオチに使われるという
不憫な扱いを受けてます。
頭脳派キャラをもっと労わってあげほしいですねw

スポンサーリンク

スポンサーリンク


銀魂 ネタバレ 534話 画バレ


縄で崖を登る銀さん、土方、沖田、山崎。
銀さん達の周りを烏が飛んでいる。

山崎
「うるさいなもう あっち行け 気が散る

うわっ下見ちゃった」

崖の下を見てしまった山崎はその高さにビビる。

銀さん
「上だけ見て進め 下見たら足が動かなくなんぞ
 そいつが山登りと人生の鉄則だ」

山崎
「じゃあ降りるときはどうすれば?」

沖田
「降りるときは目を瞑ってその縄を話せばいい」

土方
「登る前から降りること考えてる奴はさっさと落ちて目玉
 突っつかせろって烏も言ってるぜ」

山崎
「隊長 不吉なこと言わんで下さい!」

土方は近藤さんを心配して顔がこわばっている。

土方
(近藤さん 俺達が行くまで 堪えてくれ)


その頃、桂と近藤さんは天導衆の大勢の刺客相手に無双していた。


「舐められたものだな 攘夷志士桂小太郎と」

近藤さん
「真選組局長近藤勲 俺達に差し向けられた刺客がこれだけとは
 俺たちを潰してぇなら軍隊一つ連れてくるか それとも・・・」

『近藤勲 桂小太郎を連れて来い』

桂が近藤さんを狙う敵、近藤さんが桂を狙う敵をお互いに仕留める。
この時桂の髪を結っていた紐が近藤さんの刀に当たりほどける。

銀魂 ネタバレ 534話 画バレ02

近藤さん
「つまりお前達は唯一俺たちを殺せる存在を両方相手取ってしまったんだ
 俺達にもう敵はいない!」

桂と近藤さんは最後の刺客を無事倒すが、桂が空を飛んでいる黒い
烏を目撃する桂。
近藤さんに急げと言い走り出す2人。
桂は奈落の本隊が島に来ていて銀さん達を崖の上で待ち伏せ
していることに気づいた。


「烏の目はすでに銀時達を捉えていた!
 やつら 俺達が合流する前に各個撃破しようとその分断を狙ったんだ!」


万事屋、真選組、攘夷志士の作戦は見抜かれていた。
銀さん達がよじ登っている崖の上で待ち構えていた奈落本体。
お互いの姿を確認する銀さんと朧。
次の瞬間、崖上から大量の矢が降って来る。


近藤さん
「ぐっ!
 トシたちだけじゃねぇ このままじゃ一人であっちへ向かったとっつぁんも!」

銀さん達のピンチに駆けつけようとしている桂と近藤さんだが、
それを待ち構えていた佐々木。
佐々木は木と木の間から近藤さんを銃撃。
しかし、桂がそれをかばい近藤さんは銃弾から免れる。
代わりに桂が腹部に銃弾を受け重傷。
近藤さんはすぐさま桂を抱えて木の陰へ隠れ、佐々木の追撃から身を守る。

銀魂 ネタバレ 534話 画バレ03

しかし、佐々木は見廻組隊員を大量に引き連れて2人に迫って来る。

佐々木
「時間切れです」


雨の矢にさらされる銀さん達。
銀さんは木刀で矢を弾きまくり、新八は手ごろな岩を使ってガード、
神楽は傘で防いでいる。
モブ真選組隊士とモブ攘夷志士は完全に神頼み状態の丸腰。
土方は刀で矢を弾いている。

その時、一本の矢が神楽の掴んでいた岩片に当たり大破。
そのまま神楽は下に落下していってしまう。
そこへ沖田が手を伸ばし神楽を助ける。

銀魂 ネタバレ 534話 画バレ01

神楽と沖田のスキを突こうと奈落本隊のモブを2人に狙いを定める。
神楽は沖田に手を放すよう叫ぶ。

神楽
「早く! 離せェェ!」

神楽達のピンチに攘夷志士、新選組が救援。
エリザベスは口からドリルを出して崖の途中から上に抜けるトンネルを
掘っていた。
エリザベスの背中には終が二刀流で構えている。

銀魂 ネタバレ 534話 画バレ04

救援できたのは山崎のおかげだった。


「我等の接近に気づいていたか 奴らは我等の矛先を向けさせる餌
 その隙に背後をつく穴をうがっていたとは
 どうやらあちらには烏達(おまえたち)より優秀な密偵がいるようだ」

山崎
「観察の先輩としてアドバイスしてやろうか
 君のように下だけ見て翔んでいても上だけ見て山登りしていても足りない
 下も上もよく見る事 それが観察の鉄則だ 烏くん」

トンネルから満を持して出て来る功労者の山崎だが終に踏まれて
伸びてしまういつもの山崎だった。

山崎
「後ろは見てなかった」

銀魂 ネタバレ 534話 画バレ05

銀魂 ネタバレ 535話に続く。

2015年03月19日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます