暗殺教室 ネタバレ画バレ 141話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

暗殺教室 ネタバレ画バレ 141話

週刊少年ジャンプ連載中、暗殺教室141話「終業の時間・2学期」のネタバレ(画バレ)です。

暗殺教室141話ネタバレ概要


殺せんせーが暗殺教室をやろうと思った理由が判明。
案の定、殺せんせーを暗殺できなくなってしまった生徒達。
残り時間66日。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


暗殺教室ネタバレ画バレ141話


 殺せんせーが暗殺教室を開講した理由は暗殺者とターゲットという構図にすることで生徒達が本気で先生にぶつけさせ最高の成長をプレゼントしようと思ったからだった。
そのおかげで渚達の心の闇を晴らすことができた。
そして先生はこの授業は自分を殺すことで修了すると言う。

「無関係の殺し屋が先生を殺す、出頭して殺処分される、自殺する、期限を迎えて爆発する。
もしもそれらの結末で先生の命が終わったなら我々の “絆” は卒業の前に途切れてしまう。
もし仮に殺されるなら他の誰でもない君達に殺して欲しいものです」

殺せんせーが生徒達に自分の過去を話さなかったのは生徒達が自分を殺すことに躊躇してしまうと思ったためだった。
しかし、結局生徒達は殺せんせーの過去を知ってしまったため殺せんせーを暗殺する気がなくなってしまった。
渚は先生の話を聞き終わった時に殺せんせーを暗殺するということを初めて聞いた時と同じ言葉だが違った意味の感想を持った。

『僕等は恐ろしい難題を突きつけられたと初めて気付いた。
この先生を殺さなくちゃならないのか!!・・・と』

烏間とビッチ先生も苦痛の表情を浮かべている。

そしてそのまま冬休みが終了。
タイムリミット(3月13日、椚ヶ丘中学校卒業式、触手暴走)まであと66日。
入院中のあかりの見舞いに渚、木村、神崎、奥田が行っている。

『見ていたようで見ていなかった目の前の現実』

暗殺教室142話へと続く。

【暗殺教室 ネタバレ感想 141話】冬休みすっ飛ばし本当の暗殺教室になる

ワンピース ネタバレ 788話「鳥カゴがついに止まる」

ナルト外伝 ネタバレ 5話「サスケェ・・・」

銀魂 ネタバレ 543訓 画バレ「沖田!?」

2015年05月28日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます