フェアリーテイル ネタバレ 439話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

フェアリーテイル ネタバレ 439話

週刊少年マガジン連載中FAIRY TAIL-フェアリーテイル-439話「アルバレス帝国」の最新話ネタバレ(画バレ)、確定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


フェアリーテイル ネタバレ 第439話 アルバレス帝国


 ドランバルト(メスト)はギルドマスターとなったエルザをギルドマスターしか入れない部屋に初代ギルドマスターが眠る水晶の間に入る。
ナツ達はこっそり後をつけてついて行っている。
そこでメストは9年前にマカロフから受けた密命について説明する。
その密命とは評議院から「西の大陸」についての情報を仕入れることだった。
メストは怪しまれないように自分の記憶を全て消してマカロフに託していた。
そのためS級試験に参加したのは記憶のない状態の別人格が妖精の尻尾を探ろうとしたため。

 冥府の門戦終結した後マカロフは「西の大陸」に出現したアルバレス帝国の脅威を抑止するため単身でアルバレス帝国と交渉しようとした。
帝国は妖精の尻尾の水晶を求めているた。
評議院のエーテリオンやフェイスが帝国の抑止力となっていたがそれがなくなった今、帝国はマカロフを殺した後妖精の尻尾を襲うと予想してマカロフは家族を守るためギルドを解散した。
帝国の正体は表裏730の魔導士ギルドの集合体。

『ギルド解散の真実は、"家族"に熱き魂を刻み、そして、未来を照らす道標となる・・・』

フェアリーテイル第440話「ゴッドセレナ」へと続く。

七つの大罪 ネタバレ 127話 「絶望との再会」

ワンピース ネタバレ 789話 画バレ 「ルフィ復活!!」

【ナルト外伝 ネタバレ感想 6話】ナルトとサスケが弱体化、サクラが写輪眼ハゲをワンパンで瞬殺

【暗殺教室 ネタバレ感想 142話】茅野が渚に悶える、可愛すぎワロタwww

【銀魂 ネタバレ感想 544話】虚の正体は松陽先生だと思ったけど、あれ?


2015年06月06日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます