進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ

別冊少年マガジン連載中、進撃の巨人69話「友人」の最新話ネタバレ、画バレ画像です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ


 ケニーの過去編。
いきなりケニーがウーリが作りだした巨人の手で握られているところから始まる。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ000

ケニーは自分より強いやつがこの世にいるとは思っていなかったらしい。
ロッドは拘束しているうちにケニーを撃ち殺そうとするがウーリはそれを制止する。
ウーリ達の存在をケニーに漏らした議会関係者を明らかにする前に殺してはいけないとウーリは言う。
ウーリは巨人の能力でケニーに喋らせようとするがアッカーマンの末裔であるケニーにはそれが効かない。

「アッカーマンの末裔ではなかろうか。
であれば・・・私に刃を向ける理由は彼自身にある」

そうこうしているところへケニーが最後の攻撃をしかける。
ケニーはナイフをウーリに向かって投げるがウーリはナイフを自分の手首で受ける。
ウーリを殺すことに失敗したケニーは命乞いをしはじめる。

「あぁぁクソっ!!
許してくれよぉ~。あんたホンモンの王様なんだろぉ~。許してくれよぉ~。見逃してくれぇ~」

その後、ケニーはもう一度チャンスをくれれば今度はちゃんと寝込みを襲いますからと常人の命乞いとは違う物言いをする。
しかしウーリはケニーを生かす。
しかもアッカーマン一族に行った迫害を土下座をしてケニーに謝るウーリ。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ001

圧倒的な力を持つ王が自分にこうべを垂れる姿を見てケニーの中の何かが大きく揺らぐ。
そしてケニーは王の力になりたいと言いウーリはそれを了承した。

 それからケニーはレイス家の犬になった。
ケニーにレイス家の情報を漏らした議会の人間は消え、新たにケニーが議会で踏ん反り返る。

『それが俺の新しい仕事』

この一見でアッカーマン家への迫害は終わった。
迫害が終わってもまだアッカーマン家の人間はは青空の下を歩くことはできないらしく地下生活を送る。

 ケニーは娼婦宿?のような場所に行きクシェルという女性がいる部屋に行く。
そこにはミイラのような状態になっているクシェルがベッドで寝ている。
その横には痩せ細った幼いリヴァイが体育座りをしている。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ002

「死んでる」

リヴァイはケニーに言う。
ケニーはリヴァイに名前を聞く。

「・・・リヴァイ。・・・ただのリヴァイ」

ケニーも自分の名前を名乗る。

「俺はケニー・・・。・・・ただのケニーだ。クシェルとは・・・知り合いだった。よろしくな」

クシェルの忘れ形見であるリヴァイを育てることになったケニー。

『こいつを見殺しにできるほど人を捨ててねぇが親に代われるほどできた人間じゃねぇ』

ケニーはナイフの使い方、ご近所付き合い、挨拶の仕方(人間をボコボコにする方法)、身の振り方など地下街で生き延びる術をリヴァイに教えた。
リヴァイは小柄な子供であるが太った大人をボコボコにするまで強くなる。
それを確認したケニーはリヴァイの元から去っていった。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ003

 ケニーはウーリと湖のほとりで話している。
ウーリは老いと病でもうすぐ死んでしまうらしく、巨人の能力をロッドの子供に引き継がせるという話をケニーにしている。

「ケニー・・・。この世界はそう遠くない未来必ず滅ぶ。そのわずかな人類の黄昏に私は楽園を築き上げたいのだ」

暴力はこの世の真実、しかし自分とケニーが友人になったのは暴力だったかとケニーに問うウーリ。
ケニーは巨人の腕につまみ上げれていなければウーリを殺していたと答える。

「ああ・・・。避けがたい真実だ・・・。それでも私はあの時の奇跡を・・・信じている」

そしてウーリの力はフリーダに受け継がれる。
力を受け継いだフリーダもウーリと同じように人々の愛について、平和について似たようなことを言うことについて自分も力を手に入れればそういう風になれるのかと興味を持つケニー。

 ケニーは中央憲兵の対人立体機動部隊の隊長になる。
部下達にケニーは自分の大いなる夢について話す。
この間、中央憲兵としてケニーが要人暗殺をしているシーン、部下達が瓦礫に押しつぶされるシーンが入る。

『神にも等しい力だ。それを手にした奴はみんな慈悲深くなっちまうらしい・・・。こんなクソ野郎でもそうなっちまうのか知りてぇ・・・。一体どんな気分なんだ? そこから一体どんな景色が見える? 俺のようなクズにも・・・本当にお前と対等な景色を見ることができるのか? なぁ・・・? ウーリ』

 そして現在。
負傷し力なく樹にもたれかかっているケニー。
そこへ銃を持ったリヴァイ達がやってくる。
リヴァイはケニーと2人で話すことになる。

「大ヤケドにその出血。あんたはもう助からねぇな」

リヴァイがそう言うとケニーは巨人の薬を取り出す。

「いいや? どうかな・・・。アホな巨人には・・・なっちまうがひとまずは延命・・・できる・・・はずだ・・・」

リヴァイはもっと体力がある時になぜ薬を使わなかったのかとケニーに問う。
ケニーは死に際になってウーリが自分に土下座したことについてわかる気がすると言う。

「俺が見てきた奴ら・・・みんなそうだった。酒だったり・・・女だったり・・・神様だったりもする。
一族・・・王様・・・夢・・・子供・・・力・・・。みんな何かに酔っ払ってねぇとやってらんなかったんだな・・・。みんな・・・何かの奴隷だった・・・あいつでさえも」

そう言うとケニーは激しく吐血する。

「お前は何だ!? 英雄か!?」

リヴァイは初代王はなぜ人類の存続を望まなかったのか聞く。

「知らねぇよ。だが・・・俺らがアッカーマンが・・・対立した理由はそれだ・・・」

ケニーの血がリヴァイの頬に飛ぶ。

「俺の姓もアッカーマンらしいな? あんた・・・本当は母さんの何だ?」

「ハッ。バカが・・・。ただの・・・兄貴だ・・・」

ケニーの自分の伯父だと知ったリヴァイの顔から力が抜ける。

「あの時・・・何で・・・俺から去って行った?」

「俺・・・は・・・人の・・・親にはなれねぇよ」

そう言ってケニーは巨人の薬をリヴァイに託す。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ004

 ヒストリアは加冠の義を行い正式に女王になる。

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ005

ヒストリアが自分の父親の暴走を自らの手で止めたという武勇伝も相まって市民達は女王に心酔している。
ロッドと戦う前、ヒストリアはエルヴィンに自分が巨人にトドメを刺したことにしてくださいと頼んでいた。
(まさか本当に仕留めてしまうとは・・・)と感服?しているエルヴィン。

 ヒストリアは104期と一緒に廊下を歩いている。
市民達の前とは打って変わって少女らしい振る舞いをしているヒストリア。
ヒストリアはリーブス会長が「女王になったら奴をぶん殴ってやってこう言いな「殴り返してみろ」ってな」という遺言を実行しようとしていた。
それを止めようとしているエレン、ノリノリなジャン。
そして廊下に1人で立っているリヴァイに「あああああ」と言って殴りかかるヒストリア。
リヴァイはヒストリアを視認しているが黙って殴られる。
「うおおおお」と興奮する104期。
ミカサはちょっと嬉しそうな表情を浮かべている?

「ハハハハハハ。どうだー。私が女王様だぞー!? 文句あれば─」

ヒストリアがそう言いかけたところでリヴァイは今までには見られなかった表情を浮かべる。

「ふふ・・・。お前らありがとうな」

『人は別れと出会いを繰り返し何方(いずかた)へ行く・・・』

進撃の巨人 ネタバレ 69 画バレ006

進撃の巨人70話に続く。


2015年06月11日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます