【ネタバレ】BORUTO ボルト 読み切り入場特典「ナルトが火影になった日」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

【ネタバレ】BORUTO ボルト 読み切り入場特典「ナルトが火影になった日」

『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』の劇場入場特典の読み切り漫画「ナルトが火影になった日」のネタバレ情報です。

BORUTO ボルト

スポンサーリンク

スポンサーリンク



「火の意志は歴々と…」

 ナルトの火影就任式の朝。
まだ起きて来ないナルトを起こしてくるようヒナタに頼まれるボルトとヒマワリ。

ヒマワリ
「2人でお父さん起こしてきてくれる?」

ヒマワリ
「ハーイ!」

ボルト
「まだ寝てんのかよ!?」

ヒマワリ達は2階の寝室に上がっていく。
そしてヒマワリはナルトを指でツンツンして起きるよう言う。

ヒマワリ
「お父ちゃん起きてー!
「起ーきーてー」

しかし全く起きる様子のないナルト。
そこへボルトがヒマワリのやり方では起きないと言って交代する。
ボルトはナルトの上に乗っかって無理やり起こす。

ボルト
「そんなかわいー感じでとーちゃんが起きっかよ。
オリャ! 起きやがれー!!」

ナルト
「ぐほ!」


 ヒナタの作った朝ごはんを食べているうずまき一家。
ナルトの朝の弱さは健在でボルトにつっこまれている。

ボルト
「今日は火影のしゅーにんしきとか言う大切な日だろ!
自分で起きろってばさ!」

ナルト
「…そうだったってばよ…」

ヒナタ
「じゃあ私は羽織取ってきます」

ナルト
「!?
アレまだできてねーのか?
七代目火影って…刺繍入ってるヤツ」

ヒナタ
「うん…ごめんね。
何か…刺繍屋さんがすごく拘りの強い職人さんで…」

000

長寿のばあちゃんが身体を震わせながら刺繍を縫い付けている。

ばあちゃん
「これだけは誰にも譲れん…ワシの長年の責任じゃ!」

このばあちゃんはヒナタいわく歴代の火影の全ての羽織に刺繍を入れてきたすごい人らしい。

ヒナタ
「歴代火影の全ての刺繍を入れてこられた方らしくて…完璧なモノを仕上げるから出来上がるのは就任日のギリギリになるって言われて…」

ナルト
「そっか…そんなに時間かかんのか…。
(そういやカカシ先生の時…間に合ってなかったような…)」

ヒナタ
「私…これから取りに行くんだけど…就任式に間に合わないといけないからそのまま式場へ行くね。
だから子供達と一緒に先に式場へ行っててくれる?」

ナルト
「分かった」


 ヒナタは早速ばあちゃんに刺繍入りの羽織を受け取りに行く。

ヒナタ
「ありがとうございます。
(これなら間に合いそう)」

ばあちゃん
「うむ」

そしてヒナタその足で火影就任の式場に行くがまだナルト達は来ていない。
カカシからそれを聞いたヒナタはカカシに羽織を預け急いで家に戻る。

ヒナタ
「お待たせしました」

カカシ
「ヒナタか。
ナルトはまだなの?
そろそろ時間になっちゃうよ」

ヒナタ
「え?
まだ主人来てないんですか?」

ヒナタ
「これお願いします。
私見てきます!」


 ヒマワリは就任式にパンダのぬいぐるみを持っていこうとしている。
しかしヒマワリは疲れて結局ボルトの持つはめになるためボルトはぬいぐるみを置いていけと言う。
そしてぬいぐるみを引っ張り合う2人。

ナルト
「おーい2人とも行くぞ。
何やってんだってばよ!?」

ヒマワリ
「やだ! 持ってくの!」

ボルト
「ヒマがつかれてどうせオレが持つことになんだから!
じゃまだからおいてけって!」

ヒマワリ
「持ってくの!」

ボルト
「皆来んのにそんなはずかしいもん持たされるオレの身にもなれってばさ!」

ヒマワリ
「やだ!!」
001

ナルト
「おい2人共!
もう行かねーと間に合わなくなっちまうんだけどよォ!」

そうナルトが言った直後、ヒマワリのぬいぐるみがテンプレ通りに裂けてしまう。
ボルトはヒマワリに謝るが激怒したヒマワリは白眼を開眼。

ボルト
「(や…やっちまった…)
わ…わりィ…。
でも…お前が引っ張らなきゃ…」

ヒマワリ
「ビキキ」

ボルト
(え?
母ちゃんと…おンなじ眼?)

no title

ボルトがヒマワリに吹っ飛ばされ廊下の壁に激突。
そこへナルトがやってくる。

ボルト
「いでェー!!」

ナルト
「ボルト!」

ボルト
「と…父ちゃん!
ヒマワリが急に! ヤッベーって何か! 強ぇーし!!」

ヒマワリが追い打ちしようとやってくる。

ナルト
「白眼!? どーゆー事だってばよ!?」

ボルト
「うわぁあ!! 来たああ!!」

ヒマワリがボルトをロックオン。
しかし仲裁に入ったナルトの点穴にヒマワリのパンチが直撃。
幼い娘にのされるナルト。

ヒマワリ
「…ロック…オン」

ナルト
「もう兄妹ゲンカはその辺にしろ!
とにかく今は就任式場へ行かねェー…」

ヒマワリ
「ハァー!!」

ナルト
(点穴!?)

no title


 その頃式場では来る気配のないナルトに焦っているカカシ。
そしてシカマルは苦肉の策を取る。

カカシ
「ナルトの奴何してる…?
ダメだ! もう間に合わないよコレ」

シカマル
「こうなったらしかたねェ…おい木ノ葉丸…」

木ノ葉丸
「ハイ?」

いよいよ式が開始されてしまう。
カカシが壇上に登りナルトを呼ぶ。

カカシ
「この場を取り仕切るのは六代目火影ことこの私はたけカカシ。
どうかよろしく。
ではさっそくこの人物に登壇願おう。
これより七代目火影に就任する男!
皆も御存じ、うずまきナルト!!」

そこへ現れたのはナルトに変化した木ノ葉丸。
ナルトを演じるがかなりの大根っぷり。

木ノ葉丸
「サ…サンキュー!
サンキュー…だってばよ…コレ..。
(すまねェナルト兄ちゃん…どうにか変化の術でごまかしきるぜコレ!)」


 ヒナタは家に到着。
そして気絶してのびているナルトを発見。

ヒナタ
「ナルトくん!?
(これは急止の点穴…! これじゃ今日1日はもう…誰が!?)」

 ヒマワリのヤバさを知ったボルトはその場から退散。

ボルト
(父ちゃんが…たった一撃で…!!
あんすげー感じの食らったら父ちゃん…もう起きねェーかも!!!
…ヒマワリ…キレたらこんなにヤベーって知らなかったってばさ!!
もうこれからは…)

隠れるボルトだがヒマワリが不気味に迫ってくる。

ヒマワリ
「お兄ちゃ~ん…隠れんぼのつもり~。
ここかなあ…? ヒヒヒヒ…」

ナレーション
「余談ですが白眼には物をすかして見る透視能力があります」

『ナルト、まさかの欠席…!!
ヒマワリ、最恐…!?』

no title


2015年08月14日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しのユーザー
    • 2015年08月15日 11:50
    • おもしろい
    • 2. 名無しの漫画好き
    • 2015年08月14日 07:54
    • 子供のボルトが点穴突かれてたらやばかったな
    • 1. 名無しの漫画好き
    • 2015年07月25日 16:22
    • 映画が楽しみ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます