七つの大罪 ネタバレ 136話「散開する恐怖」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

七つの大罪 ネタバレ 136話「散開する恐怖」

週刊少年マガジン連載、七つの大罪最新136話「散開する恐怖」のネタバレ(画バレ)です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

580
散開する恐怖

今すぐメリオダスを追い、仕返ししようとするガランを他の<十戒>は制する
そしてゼルドリスは、2人1組になってブリタニア全土制圧を命じる
ゼル「これは戦争ではない… …蹂躙だ」
そして各自散開する中、"兄者"とゼルは動かない
"兄者"は三千年ぶりの空気を満喫したいと言い、ゼルもこの近くに用があるとか
そして、"兄者"の腕に止まろうとした小鳥を……"兄者"は汚い花火へと変える

歓楽街へはヒゲの男と半裸の女が
バイゼルには四つ腕の巨人とタコ女が襲来

メリオダスは結果的に<十戒>を挑発したことになる
そして、各地を制圧しようと散開したところを各個撃破する方針
修行組もそれぞれ戻ってきた
ホークは角が生え竜のような背中に
アーサーの頭上には謎の生物
グリアモールは幼児化、そしてザベスは…成果なし
■厳しい試練に揉まれた成果は……ゼロ!?くじけるな、エリザベス!!もっと揉まれろ、エリザベス!!
  恐怖、散開!!<十戒>のブリタニア侵略を止められるかは、この修行に懸かっている…はずだった!!
  第137話"僕と君の間に"に続く。

585
>>580
バイゼルの街は残ったっけ?
ディアンヌの技とギーラ達の襲撃で壊滅したんじゃ無かったっけ?
自分の記憶違いかな
586
>>585
それであってる
祭も町も無くなったって言ってる
583
グリアモの幼児化とか、誰も得しない展開w
584
うそやろ(ポカーン)
588
なくなったバイゼルの跡地に
喧嘩祭り参加者のタイズーが(人雇って)新しい闘技場作ってた
590
タイズーが十戒追っ払えるか?
バルザド助っ人かね
592
1グループくらいエスカノールが先に出会って倒しそう
597
早くも十戒戦開幕か
一か月後には誰か死んでそうだな
599
十戒復活を知った時のマーリンの動揺は回収するんかねぇ
600
近くに用があるって、ゼルドリスはゲルダの封印でも見に行くつもりなのかね
602
vsデカブツにエスカノールが出てきそうな気ガス
628
モンスピートはヴァンパイアみたいな顔してるから町を襲ってる時にエスカノールが現れて倒してくれる
そしてその回、収録の単行本ではエジンバラも記載してくれる
630
>>628
その展開いいな
631
モンスピートって蚊みたいな名前してるし吸血得意そう
632
そんなアホみたいな理由で倒されて欲しくないな
633
でも十戒のどいつかはエスカノールのお披露目用にボコられると思う

七つの大罪 ネタバレ 137話に続く。

2015年08月16日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます