銀魂 感想まとめ 296話「初期設定はナメたら命取り」|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 感想まとめ 296話「初期設定はナメたら命取り」

銀魂296話「初期設定はナメたら命取り」の感想まとめです。
銀魂296話あらすじ
銀さんの思わぬ行動が取り返しのつかない展開に!? ギラギラと日差しが照りつける中、ターゲットの尾行を続ける万事屋一行。
あまりの日差しの強さに少しダウン気味。
そんな中、暑さに耐えきれなくなった銀さんは、身勝手にも神楽の日傘を奪取してしまう。
日傘を失った神楽は日光にさらされてしまい日射病で倒れ、入院してしまう。
病院に連れて行ったものの、改善の手立ては見つからず仕舞い。
どうやらただの日射病ではないようで、原因は神楽の設定を銀さん達が軽んじたことにあるようで…。
果たして、神楽の容体は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク


2015年11月05日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます