銀魂 ネタバレ 565話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 565話

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂565訓「玩具」の最新話ネタバレ(画バレなし)、確定、感想、あらすじ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



銀魂ネタバレ画バレなし565話
桂との戦いに手出ししてこようとする春雨モブを止める猩覚。
猩覚は虚が実権を握る今の春雨に不満を持っている。
猩覚は昔から集団行動が嫌いだったらしい。

猩覚
「今の春雨には組織を維持する掟もない。
海賊の掲げる自由もない。
たった一人の男の玩具に成り下がってしまった」

虚の前では自分達は手脚が千切れるまで踊り続けるしかないのだと猩覚は言う。
しかし桂は誰かの掌の上で踊るつもりはないと言う。

猩覚
「だといいがな」


坂本サイド。
坂本が艦隊決戦の「指揮を執っている。
敵艦隊に前段命中、奇襲作戦を成功させる。
そして坂本は撤退命令を出す。
敵の大艦隊と直接戦っても勝ち目はない、それなら少しでも多く敵を戦場から剥がすのが得策だと坂本は陸奥に言う。

坂本
「後ろ向きだろうが横向きだろうが気にすることはなか。
この坂本辰馬のゆく道が未来になる」

陸奥
「やれやれ」

喜々が范堺に快援隊が操られるところを隙間から覗き見している。
坂本の乗る海臨丸が仲間の快援隊の艦から攻撃を受ける。
海臨丸に仲間の快援隊の艦から逃げてくださいと通信が入る。
そして通信は遮断。
煙幕を張って逃げようとする坂本。
しかしスピードを上げたためゲロる。

范堺の能力を知らない陸奥は味方の艦のシステムがハッキングを受けているのだと言う。
そこへ范堺が映像通信を行ってくる。
范堺のロボ的な顔を見て坂本は「うちはホワイトベースじゃない」とガンダム的なネタを放りこむ。
よくジオン軍がかけ間違ってくる、ザクザク詐欺などのギャグが入る。
范堺自身は自分はガンダムだと言い、顔面が初期ガンダムになる。
仲間の艦を撃墜するか仲間を守って撃墜するか選べと迫る范堺。

陸奥
「貴様ァ!! じゃあザクで!!」

陸奥もギャグに参加。
范堺がザクの顔面に戻ってギャグパート終了。

范堺が自分がナノマシンウイルスを使うことを説明。
そしてナノマシンウイルスの性能についても詳しく説明。
ナノマシンウイルスは機械、人の脳に寄生し自在に操り感染させることで勢力を爆発的に広げていく。

坂本&陸奥VS范堺(感染した仲間)。
ナノマシンウイルスに感染した仲間達が坂本を襲ってくる。
坂本は仲間たちに謝りながら攻撃、吹っ飛ばし開閉扉のある区画へ吹っ飛ばす。
そして坂本は扉の開閉ボタンを部下に押させて扉を閉める。
扉のボタンを押したのは陸奥。
陸奥も坂本と一緒に感染者のいる区画にとどまった。
艦長が感染した副館長が殺してやらんとなと言う陸奥。
坂本も副館長が感染したらと続けるが「返り討ちにされるのがオチぜよ」と言う。

陸奥
「感染なら心配いらんさ。
もうとっくに感染しとる。
おまんのバカがうつった」

感染した仲間達に立ち向かう坂本と陸奥。

銀魂ネタバレ566話に続く。



2015年11月18日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月18日 19:57
    • 銀さんが感染しなかったルートの未来ってことだよね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます