暗殺教室 ネタバレ 165話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

暗殺教室 ネタバレ 165話

週刊少年ジャンプ連載中、暗殺教室165話「正論の時間」の最新話ネタバレ(画バレなし)、感想、あらすじです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



暗殺教室 ネタバレ画バレなし 165話
烏間の静止もマスコミの誘導取材も振り切り殺せんせーを助け出そうと規制エリア内に突入したE組一同。
しかしホウジョウ率いる特殊部隊(「プライドの時間」の外人たち)に全員取り押さえられる。
司令官(ホウジョウの上司)は爆発の確率が0でない限り1%以下でも100%でも世論が許さないと殺殺害計画を止めようとしない。
寺坂が司令官の顔面に蹴りを入れ激昂するとホウジョウは洗脳を解く必要があると言ってE組をよそへ連行する。

『これが世界の正論』


追記。

生徒達は殺せんせーのところへ向かおうとする。
しかし校舎への道は軍隊によって閉鎖されてしまっている。
軍人に止められる生徒達。
原は殺せんせーのところへ行きたいと軍人に話す。
そこへ「生徒達に手荒くするな」と烏間がやってくる。
生徒達はこんなこと聞いていないと烏間に言う。
烏間も自分も直前まで知らなかったと生徒達に教える。
もし生徒達に話していれば殺せんせーに勘付かれてしまうから知らされなかったのだと。

烏間は生徒達に騙されたと口裏を合わせれば詮索を受けないで済むという。
しかし片岡は納得できない、殺せんせーに会わせてと烏間にお願いする。
烏間は生徒達が人質に取られたら事態が悪化すると怖い顔で言う。


そこへマスコミがインタビューに来る。
怪物が捕獲され安堵した心境、怪物に支配された気持ち、暗殺の真似事をさせられて件について訊いてくる。
激怒する生徒達。
矢田は地球が滅びる確率が1%以下だとテレビで流してくださいとお願いする。
倉橋は涙ながらに悪い先生じゃないと言う。
磯貝の提案でその場から離れる生徒達。

生徒達はまず状況を把握するためにバリア発生装置の偵察をすることに。
そしてまた夜に集まろうと計画する。

殺せんせーは地面を掘って地中を調べている。
しかし地中の中にまでバリアがはられていて殺せんせーでもお手上げ状態。

偉いおっさんは生徒達の動きに気づいている。
ホウジョウが処置マニュアルを作ってあるから心配ない言いおっさんを安心させる。


夜になって集合する生徒達。
バリアの周りには見張りがいて近づけない。
さらに次の日には増援がやってきて完全にバリアの中に入れなくなってしまうという。
カルマが強行突破を提案。
そうするしかないと話す生徒達だが車がやってきて生徒達は拘束されてしまう。

目隠し&手錠された生徒達は偉いおっさんの元へ。
生徒達を捕らえたのはホウジョウとあの外国人たち。
偉いおっさんは暗殺完了まで生徒達をここで保護すると言う。
生徒達の親にも連絡済み。

原は殺せんせーが爆発する確率は1%以下だから殺す必要はないと言うが、世間はそれを許さないとおっさんは言う。
それに1%は地球を犠牲にするには高すぎる数値、さらには殺せんせーは元々残虐な殺し屋、殺された人の気持ちも考えたまと言う。

これに寺坂はごもっともな正論で語るんじゃねぇ!!とブチギレ、おっさんの顔面を蹴る。
生徒達は怪物に洗脳されているということで連れていかれてしまう。
ホウジョウはバリアの見張りへ。

暗殺教室ネタバレ166話に続く。


2015年11月18日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます