BLEACH ブリーチ ネタバレ 652話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

BLEACH ブリーチ ネタバレ 652話

週刊少年ジャンプ、ブリーチ652話「THE THEATRE SUICIDE SCENE 6」の最新話ネタバレ(画バレなし)、確定(未確定、嘘バレ)、感想、あらすじです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレなし 652話
七緒が神剣・八鏡剣を構える。
すると八鏡剣が神々しく輝く。
その光を見て「下品にギラギラ光る剣だね」とリジェは叩く。
しかしこの光はリジェにしか見えていない模様。
リジェには眩しくて刀身が見えないほど。

八鏡剣は神の力を反射する剣。
リジェの放つ神の光を八鏡剣が乱反射しているのだと七緒が解説。
神と呼ばれ嬉しそうなリジェ、しかし七緒の言っている意味は全く理解できていない。


幼少七緒の回想。
七緒母は享楽に剣を渡している。
その様子を家の中から見ていた七緒。
そして七緒が霊術院に入学、そこで享楽の後ろ姿を目撃。
あの時の人だと気づく七緒。
それは享楽がしていたかんざし(七緒母のもの)に見覚えがあったからだった。
着物も七緒母に似たものだった。

七緒は母が死んだ後、知らない老夫婦(伊勢の親戚)に引き取られた。
老夫婦に大事に育てられた七緒。
霊術院から支給された浅打を自分のものにすることができなかった七緒だが鬼道の才覚が認められて早い段階で入隊試験を受けることができた。
斬魄刀がないため鬼道衆に配属願いを出した七緒だったがなぜか配属されたのは八番隊だった。
そこで享楽と再び再会する七緒。
しかしこの時、享楽はかんざしをつけていなかった。
着物も別なものになっている。
それで享楽が母から大切なものを受け取っていた人物が享楽だと確信する。
七緒の回想終わり。


リジェは斬れるものなら斬ってみろと安定のナメプ。
リジェの腕を斬り落とす七緒、しかし弾き飛ばされてしまう。
今の一撃で確実に僕を殺すべきだった、神の使いに2度目の油断は無いと本気モードのリジェ。
リジェさんマジ強い。


京楽の回想。
京楽は浮竹から七緒母が処刑されたことを聞かされる。
処刑された理由は神器紛失。
そして京楽のかんざしは兄からもらったもの(兄も七緒母からもらった)だった。
京楽回想終了。


「みんな僕に一番大事なものを預けて逝ってしまう、重苦しいのは苦手なのに」と京楽。
八鏡剣をもう一度預かるなんてごめんなんだ、僕の肩を軽くしてくれ、僕に君を守らせてくれ。

京楽
「いくよ七緒ちゃん」

京楽と七緒共闘。

ブリーチネタバレ653話に続く。



2015年11月18日| |コメント:1Edit

コメント一覧

    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月19日 15:21
    • やはり七緒は鬼道だけだったか

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます