暗殺教室 ネタバレ画バレ 154話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

暗殺教室 ネタバレ画バレ 154話

週刊少年ジャンプ連載中、暗殺教室154話「冬休みの時間」の最新話ネタバレ(画バレ)、感想、あらすじです。

暗殺教室154話ネタバレあらすじ
殺せんせーをどうするか考えることでスルーしたイベントを一気に消化。
殺せんせーの爆発する確率が低いとわかり前のように暗殺を楽しむ渚。
しかし卒業が間近に迫った渚達は自分の進路、別れについて向き合うことになる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



暗殺教室ネタバレ画バレ154話
 殺せんせーはイベントができなかった生徒達にまとめてイベントを体験させていた。
生徒達は教室でクリスマスパーティをしている。

「メリークリスマス!!」

殺せんせー
「最高の聖夜ですねぇ、2月と言えばやっぱりクリスマス!!
おっと、よい子はもう寝る時間です!!
先生も別室で寝るので早く布団に入りなさい」

殺せんせーの言う通り布団に入っていく生徒達。
殺せんせーはサンタに扮装し教室に入って来る。

殺せんせー
「よく寝ておる、よく寝ておる。
よもや先生がサンタとは思うまいて」

殺せんせーは生徒達へのプレゼントを出す。
しかしそんな殺せんせーを暗殺しようとする生徒達。
当然のことながら殺せんせーを暗殺することはできない。

 殺せんせーは教室の電気をつけ正月イベントへ。
生徒達の衣装も殺せんせーが着替えさせている。

殺せんせー
「明けましておーめでとー!!
新年が始まりました!!」

生徒
「いつの間に」

殺せんせー
「気持ちを新たに勉強に暗殺に邁進しましょう!!
…さて、あとは寝正月です」

殺せんせーはジャージになり寝る体勢。

生徒達
「なんなんだよこの流れは!?」

不破
「要するにさ。
殺せんせーがやりたいのってこういう事?
年末年始という学園モノの美味しいイベントをやり逃した。
だから2月だけど一気に回収しちゃいたい…と」

殺せんせー
「その通り、不破さん!!
せっかくの1度きりの冬休みなのに…皆さん誰も学校に遊びに来てくれず!!
先生の事で真剣に悩んだり頑張ってくれてたわけですから…こっちから遊びにも誘い辛いし」

村松
「こいつはこいつで悩んでたんだな」

吉田
「俺等がメッチャ重い気分の時にふざけた悩みを」

殺せんせー
「皆さんが悩みを抜けた今だからこそ!!
失った冬休みを今一挙に取り戻すのです!!
さぁ、続きです。
録り溜めてた大晦日の番組を先生が見てるところから!!
冬休みムードで油断している先生を殺してみなさい!!」


(相変わらずせかせかと生きてるな殺せんせーは)

 殺せんせーは自分の分身でテレビ番組(笑ってはいけない暗さつ教室)を演じる。
自分のネタでウケる殺せんせー。

生徒達
(俺等が必死でやってる間もこんな企画考えてたと思うと…なんか無性に殺意が沸いてきた!!)
(お望み通り最高の年死を過ごさせてやる!!)

格闘技番組、カウントダウン番組、ゆく年くる年、箱根駅伝、高校サッカー、成人式のニュースを自演する殺せんせー。
この間も生徒達は暗殺を行っているが成功しそうな気配はない。

 今度は鬼の格好の殺せんせー。

殺せんせー
「そして節分…と。
やっと日付に思い出が追いつきましたねぇ」


(相変わらず速すぎる!!
雑な暗殺だったとはいえかすりもしない!!
この1年色んな事があって…僕等の関係性も色々変化してきたけど速いわ腹立つわ無敵だわ。
殺したくなるのに殺せないのはずっと同じ。
やっぱり…E組での暗殺は楽しいな)

そう心の声で言いながら机から銃とナイフ出そうとする渚。

殺せんせー
「これで年末年始は思い残すことなし。
安心して次の段階へ進めますねぇ」


「? 次の?」

教科書を持って将来の話をし始める殺せんせー。

殺せんせー
「さぁーさ皆さん。
暗殺もいいけど受験もネ!!」

吉田
「いきなり現実に引き戻しやがって」

殺せんせー
「当然でしょう。
私立なんてもう再来週に迫っています。
それぞれの志望校に合わせてちゃんと授業は組んでいました。
皆さんが悩んだり頑張っていた先月にずっとね。
そして受験の結果が出た後で再び皆さんと面談をします。
それぞれが…ここを出た後どういう未来を選びたいのか。
君達は…先生が爆発する確率が高くないと教えてくれた。
そして…卒業したら暗殺も辞めるとみんなで決めた。
ターゲットの先生がその方針に挟む異論はありません…というより先生も同じ事を言うつもりでした。
暗さつの結果がどうなろうが、例えいくら国から頼まれようが、例え地球がどうなろうが君達の暗殺は卒業(そこ)で終わりです。
ナイフと銃を置き…それぞれの道へ歩き出さねばいけません。
1度きりなのは行事に限らず、殺せようが殺せまいが…必ず別れは来るものです。
それが…教室というものだから」


(地球の危機がひとまず遠ざかった時、かえって僕等は自分達の事を見つめなくてはいけなくなった。
未来への2月。
別れを前に自らの進路を見つけなくちゃいけない季節。
卒業の日まで、殺せんせーの暗殺期限まで…あと…38日)

暗殺教室ネタバレ155話に続く。

2015年09月03日| |コメント:2Edit

コメント一覧

    • 2. 名無しのユーザー
    • 2015年09月09日 21:58
    • 4 暗殺教室終わっちゃうの寂しいな…
    • 1. 名無しの漫画好き
    • 2015年09月03日 20:20
    • 今年中には終わりそうないきおい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます