BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話

週刊少年ジャンプ、ブリーチ642話「Baby, Hold Your Hand 5 Eyes Are Open」の最新話ネタバレ、画バレ、感想、あらすじです。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話001

ブリーチ642話ネタバレあらすじ
ネムの子供の時の回想。
ネムがペルニダを粉砕!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話
煽り
「幼き記憶」

 技術開発局で阿近と小さいネムが話している。
ネムはマユリが自分を本当の名前で呼んでくれないと阿近に相談している。
しかし阿近はネムが名前だと言う。
ネムは自分の名前は眠七號だと阿近に言う。

阿近
「何? 涅隊長が名前を呼んでくれない?」

ネム
「はい。
最近では常にネムとお呼びになります」

阿近
「いいじゃねえか。
そのネムってのがお前の名前だろ」

ネム
「いいえ…私の名前は眠七號です」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話001

 阿近と眼鏡っ子(久南)は技術開発局の復旧をしている。
しかし眼鏡っ子が何かやらかして溶液の入ったシリンダーを噴出させてしまう。
阿近は隊長が戻ってくるまで復旧しなければいけないのにと呆れる。

 シリンダーを見た阿近は眼鏡っ子に神の被造魂魄計画「眠」について話す。
眠ってネムちゃんのこと?と眼鏡っ子。
シリンダーに入っているのはその計画で造られた生物の死体。

久南
「わ! なんか出てきた!」

阿近
「コラァ久南! 何やってんだ!」

久南
「あ…あたし何もしてないよう!」

阿近
「全く…隊長達が戻る前に研究室全体の機能回復しなきゃいけねえってのに…。
被造魂魄計画眠の初期遺材じゃないか。
懐かしいな」

久南
「眠…ってネムちゃんの?」

阿近
「そうだ。
これは壱號から参號だな。
遺材ってのはまァ平たく言や死体だ」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話002

失敗続きで四號でようやく脳髄が形成、五號で胎児まで成長したらしい。
この技術でマユリは斬魄刀を強化することができ隊長になった。
そして六號の眠は2歳まで成長。
しかし細胞分裂をやめ死んでしまう。

久南
「へー、そんな糸クズみたいのがねぇ…」

阿近
「最初はな、立て続けに失敗したんだ。
四號でようやく脳髄ができた」

技術開発員
「ボ…ボクのアタマ…治したの…四號の技術…」

阿近
「そうだ。
その次の五號は胎児まで進化した。
その技術で斬魄刀を改造し隊長は隊長の座についた」

眼鏡っ子は疋殺地蔵の容姿をイメージする。

久南
「あー…なるほど…」

阿近
「六號は2歳相当まで成長したがそこで細胞が分裂しなくなって息絶えた。
被造魂魄細胞の寿命ってやつだ」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話003

そして7回目で生まれたのがネム。
ネムが成長した時マユリは大いに喜んだらしい。

阿近
「だからその寿命を超えて七號が成長した時の隊長の喜び様は半端じゃなかったな」

 ネムはギギギと踏ん張り飛び上がる。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話004

ここで再び回想。
ネムがマユリ様が眠七號と呼ぶのを止めたのはなぜかと阿近に質問している。
なぜ自分に聞くのかと阿近。
マユリ様は答えてくれないとネム。
それが分かっているなら自分に聞くことが無意味であることが分かるだろうと阿近。

 阿近はマユリについて話す。
マユリは眠計画は全死神の夢だと言っていたと話す阿近。
起きたまま夢を見るというのは馬鹿げている、それでマユリは眠計画と名づけたらしい。
ネムが食事したり寝て学習し成長していることはマユリにとって夢の中で生きているよう。
それをネムに悟られるのがマユリは恥ずかしいのだと阿近は言う。
もし自分が無知にままだったら眠七號とマユリ様は呼ぶのかと阿近に聞くネム。
ネムは隊長の最高傑作だから成長しないなんてことはないと阿近。

ネム
「なぜマユリ様は私を眠七號と呼ぶのをお止めになったのでしょう」

阿近
「なんでマユリ様じゃなくて俺にきくんだよ」

ネム
「マユリ様におききしても答えて頂けないと思いますので」

阿近
「その辺のことを察してんなら俺にきいても分かんねえってことも察しろよ!
「…何つーかな…恥ずかしいんだと思うぜ」

ネム
「恥ずかしい…?
マユリ様にそのような感情がおありになるとは思えません」

阿近
「お前時々凄ぇこと言うな…。
…隊長は言ってた」

マユリ
「無から新たな魂を造る。
被造死神は全死神の夢だヨ。
だが起きたまま見る夢など馬鹿気ている。
よって私はこの計画を眠計画と名付ける」

阿近
「隊長なりの皮肉ってやつさ…で、こっからは俺の憶測で話すぜ。
被造死神は全死神じゃなく涅隊長の夢だ。
わかるか?
お前が食って寝て息をして、日々何かを学び成長していく。
その間、涅隊長はずっと夢の中にいる。
その事をお前に気付かれるのが恥ずかしかったんだろうさ」

ネム
「…私は気付きませんでしたが」

阿近
「日に日に賢くなっていくお前を見てりゃいずれ気付くと俺でもわかる」

ネム
「…私が無知なままだったらマユリ様は今も私を七號と呼んでくださったでしょうか」

阿近
「そいつは無理だ。
お前は隊長の最高傑作だ。
進化しないなんて事はありえねえ」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話005

 
 ペルニダに突っ込むネム。
その勢いでペルニダの手のひらを吹き飛ばしマユリを救出するネム。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話006


ネムの黒目が白くなっている。
このパワーに驚くマユリ。
マユリ様が与えてくれた力だとネムは言う。
これは0.8%の組織を崩壊させて得る力らしい。

マユリ
「ネム…!
お前っ…!?
お前なぜこんな力を…!?」

ネム
「マユリ様が与えてくださった力です。
マユリ様が与えてくださった死神としての肉体。
その能力を組織崩壊の0.8%手前まで引き出しました」

マユリ
「…貴様…」

ネム
「問題はありません。
この出力のままあと400秒保ちます」

マユリ
「そんな事を言ってるんじゃア無いヨ!
私がいつそんな命令を…」

 ネムは自分の使命はマユリ様を護ることだと言う。
しかしマユリは成長することだと強く言う。
自分がマユリを護ることでその成長を見せられるとネムは言う。
そしてネムはマユリを建物の上に投げる。

ネム
「命令はありません。
使命です。
私の使命はマユリ様をお護りすること」

マユリ
「違う! お前の使命は成長だ!」

ネム
「その成長を、マユリ様をお護りする事でお見せできると考えます」

マユリ
「口が達者になったものだヨ…。
私がネムに戦いを預ける日が来るとはネ…屈辱だヨ」

 ネムはペルニダに向かっていく義魂重輪銃をぶっ放す。
これは魂魄を6%削りそのまま打ち込む技。

ネム
「魂魄切削6%。
私の魂魄の6%を削り直接打ち込んで破壊します。
義魂重輪銃」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話007

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 642話008


ブリーチネタバレ643話に続く。

2015年09月10日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しの漫画好き
    • 2015年09月11日 00:33
    • まさかネムがこんなに強いとは
      まったくノーマークだったヨ!
    • 2. 名無しの漫画好き
    • 2015年09月10日 16:04
    • 命を奪う死神が命を生み出すのが夢ってマユリ様ロマンチストだったんだな
    • 1. 名無しの漫画好き
    • 2015年09月10日 16:03
    • ネム可愛すぎ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます