BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話

週刊少年ジャンプ、ブリーチ647話「THE THEATRE SUICIDE」の最新話ネタバレ、画バレ、感想、あらすじです。

前回のあらすじ
雛森登場。
雛森と七緒は享楽を援護しに行こうとするが平子に言い伏せられる。
京楽無双。
リジェ死亡と思いきや久々の完聖体。
リジェは最高傑作、最も神に近い男だった。
今度は享楽は死亡?の引きで終了。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話001

ブリーチ647話ネタバレあらすじ
完聖体リジェの貫通攻撃は享楽に直撃している。
かなりお疲れ状態の享楽。
京楽は鬼道を使いリジェから逃れる。
平子達の元へジェラルド出現。
ジェラルドにタイマン勝負を仕掛ける恋次だがマントを広げそれを阻止するジェラルド。
京楽、卍解。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話
 完聖体リジェの貫通攻撃をくらい右肩を抉られている享楽。
京楽はなんとかリジェから逃げ腰を下ろし休憩している。

京楽
「ふう…しかしまあ…我ながらよく走れているねぇ。
この傷でホントなら即死してたら楽だったんだけど…。
なまじ強いとそれどころか気絶もできなくて参るよ…。
七緒ちゃんいないとこでこんな事言っても誰もツッコんじゃくれないか…」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話001

 前回の貫通攻撃後リジェが追撃、京楽は建物の窓から中に逃げる。
しかし、リジェは突如何もない空間からキュコッと出現してくる。

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話002

京楽
「危ない危ない!」

リジェ
「よく逃げる…あの傷で…だけど逃げ切れると思っているのかい。
伝わらないな。
僕を斬れる武器は無いと言っているのに」

京楽は斬魄刀を抜き鬼道を発動し建物ごと切り裂く。

京楽
「わかってるさ。
鬼道の刃ならどうだい!
破道の七十八、斬華輪」

煽り
「斬!!!」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話003


 先へ進む平子、ルキア、恋次達。

平子
「いよいよ…敵サン等の本陣や…気合い入れてくで!」

ルキア、恋次
「はい!」

瞬間、ドォンと何が降ってきて轟音が鳴り響く。
そしてルキア達の元へ巨大な瓦礫が跳んで来る。
粉塵の中から現れたのはジェラルド。

浦原
「また随分な距離を跳んできたっスねぇ…」

ジェラルド
「侵入者達よ! よくぞここまで来た!」

平子
「別にお前んとこ来たんちゃうわ。
お前が跳んで来たんやんけ」

ジェラルド
「だがそれもここまで…ここまで先へ通りたくば我を倒して行くがよい!」

平子
「話聞けへんやっちゃな。
何やねんコイツ」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話004

 恋次はすかさず蛇尾丸を伸ばしジェラルドの腕に巻き付ける。
恋次はジェラルドとタイマン勝負をしようとするがジェラルドはマントを巨大化させ先に進もうとする平子達を逃がさない。

恋次
「そんならとっとと…倒して通らせて貰うぜ!」

平子
「任してええか」

恋次
「そのつもりっス!」

ジェラルド
「誰が1対1で倒せなどと言った?
1対1では奇跡が起きても我は倒せまい!
全員で来い!」

平子
「言うやんけ」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話005


 壁にもたれかかっている享楽のシーンに戻る。
京楽は巻き込んでしまったらごめんねと七緒に謝りついに卍解を発動。
京楽から黒い松が地面に這い出て来る。

京楽
「いやあ…鬼道も大して効かないだろうなとは思ったけど…無傷とはねぇ…万事休すってやつだね。
最初に霊王宮に来た辺りまで逃げてきちゃったけど…みんなもそろそろ…十分離れてくれたかなァ。
七緒ちゃんは…巻き込んじゃったらゴメンね。
万事の次の一手といきますか…卍解・花天狂骨・黒松心中」

BLEACH ブリーチ ネタバレ画バレ 647話006

ブリーチネタバレ648話に続く。

2015年10月15日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます