銀魂 ネタバレ 563話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

銀魂 ネタバレ 563話

週刊少年ジャンプ連載中、銀魂563訓「逃げの小太郎」の最新話ネタバレ、画バレ、確定、感想、あらすじ。

銀魂 ネタバレ 563話003

銀魂ネタバレあらすじ563話
攘夷戦争時代の回想。
攘夷志士四天王最強は銀さんだと言うやつも高杉だというやつもいる。
坂本は武力では論外らしいw
桂は逃げの小太郎と呼ばれ臆病者扱いされ大した強さではないといった評価がされいる。
桂の幼少期の回想。
墓の前で泣く桂。
祖母も死んでしまい孤独になる桂。
その中でも桂は剣に打ち込み松下村塾へ通う。
「ヅラじゃない、桂だ」のギャグに深い設定が加わる。
イケメン桂が猩覚の棒を奪って粉砕。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



銀魂ネタバレ画バレ563話
攘夷戦争時代の回想から。
攘夷志士達が焚火を囲んで銀さんの武勇について熱弁している。

「攘夷戦争の時代…」

銀魂 ネタバレ 563話001

「いやいや何言ってんの!?
そんなの断然銀時さんで決まりっしょ。
今日も見ただろう、
あの人の暴れっぷり…あの大軍に奇襲をしかける豪胆さ。
戦闘種族でさえよせつけないまさしく夜叉(おに)のような戦いっぷり。
敵にも味方にもあの人に勝てる奴はいないよ。
四天王最強は坂田銀時で決まりだ!!」

白夜叉銀さんが戦闘タイプの天人相手に無双している。
返り血を浴びながら笑っている銀さん。

銀魂 ネタバレ 563話002

別な人が最強は高杉だと反論する。

「何言ってんだ!! あの奇襲作戦は鬼兵隊の助けなくして成功しなかったぞ!」
「近代兵器さえものともしない戦術。軍艦二隻を瞬く間に落とす戦闘力。最強は俺達の総督高杉晋助に決まってんだろ!!」

高杉も天人相手に無双しているカットが入る。
そして最強は坂本だという人も現れる。
言ってるのは本人。

坂本
「何を言うとるがじゃお前ら!
それを言うならこの戦自体誰のおかげで成立しとると思っとる!!
誰かが兵、武器、金、あらゆるもんを後方で工面してくれとるからじゃろ!
つまり最強は…桂浜の龍、坂本辰馬で決まっ…」

かっこいい感じの坂本のカットが入るがモブによってあっさり否定されてしまう。

「うん、それはないな」
「それがないのだけははっきりわかるわ。あの人は金へのがめつさと声のでかさは誰にも負けないけどな」

顔に影を落としてその場から去っていく坂本。

坂本
「…ああそう。小さい声もでるけどね…」

モブ達は桂についても語る。
モブのみなさんも桂の強さについてイマイチ分からないらしい。

「うーん…あの人は…」
「正直よくわからん」
「幼い頃から銀時さんや高杉さんの暴走をいさめ、まとめてきた四天王でもリーダー各のお人だが」
「確かに俺達反乱軍をまとめ導く将としては申し分ない。だがこと戦の強さ、個の強さとなると…測りがたい…」

001

桂は堅実な護りの戦いをするため武功は銀さんと高杉にいきがちになっているという。
そして逃げの小太郎は敵に揶揄された時に名づけられたものだった。

「堅実といえば聞こえは良いがそりゃ下手すりゃ臆病者と…」
「おい!口を慎め!」
「いや、この際だ言わせてもらおう容易に仕掛けず仕掛けても容易に乗ってこない。
あの人の戦い方が敵になんと揶揄されているか知っているか。
逃げの小太郎」


桂VS猩覚。

猩覚
「逃げの小太郎。
確かそう呼ばれていたなお前、
とっくに仲間をまとめてとんずらしていると思ったがまさか味方を逃がすために自ら盾になるたぁな」

逃げられる相手と逃げられない相手は見分けがつくと言う桂。

猩覚
「なるほど。つまり観念したってワケか」


「観念ではない決心だ。
俺はもうどこにも逃げんぞ」

桂と猩覚が再び激突。

002

攘夷時代のシーンに戻る。

坂本
「ヅラが臆病者?
おまんらホントに何もわかっとらんなー。
銀時や高杉に笑われるぜよ」

モブ
「さっ坂本さん! いつからそこに!!」

さっきの坂本はモブにも気づかれていなかった模様。

坂本
「ん…いやあの今来た..」

戦では勝ち戦よりも負け戦のやり方の方が断然難しいのだと言う坂本。
もし引き際を間違え大損害を被れば軍の立て直しさえ難しくなると。
この難しい負け戦をいつも担ってきたのが桂。

坂本
「そんな戦を任せられるのはよっぽどの戦上手しかおらんからの。
アイツがいなければわしらの戦はとうの昔に終わっとるぜよ」

しかしモブはまた不毛な最強談義を繰り返そうとする。

モブ
「で…では坂本さんは桂さん最強説を推すのですな!!
負けませんよ。最強は銀時さんです!」

少し呆れた様子の坂本。

坂本
「また最強談義かい。
さてな。そいつはきっとアイツの臆病者の皮を剥がせねばわかるまい。
アイツは…幼い頃に両親を病でなくしてな。
屋敷も没収されお婆と二人で路頭に迷ったこともあったという」」


桂の幼少期の回想。
桂は祖母?と墓参りに来ている。

祖母
「小太郎、群を率いる将として最も大切な資質はなんじゃと思う。
たとえどんなに一騎当千の強者でもたとえどんな巧みに兵を使える知恵者でも将が首をとられれば戦は負けじゃ。
死ねば兵も国も何者も護る事は叶わん。
ゆえに将たるは戦場で最も臆病でなければならぬ。
誰より怯え誰より恐れ生き残る事が将の務めじゃ。
だから小太郎、安心して泣け」

涙を流す桂。

銀魂 ネタバレ 563話003

そして祖母も亡くなり一人になった桂。
再び墓の前で手を合わせる桂。

祖母の言葉
「泣いてもいい、弱虫でもいい。
将が生きていればお前さえ生きていれば桂家(わしら)は滅びぬ。
臆病者と呼ばれてもいい、生き残れ小太郎。
なんと罵られようがわしらは知っている。
お前は立派な将であると』

桂に養子縁組の話が来たが侍は自分で自分を育てると言って断ったらしい。
桂は一人で食事をし掃除をし選択をして一人で寝た。
しかし剣の稽古は欠かさなかった。


(お婆。将とは辛いものだな。
あらゆる危機から逃げまどい 一人生き残ったとしても孤独からは逃げられない。
己だけではない共に夜を越える仲間たちも護れるくらいに強く臆病に)

回想終わり。


坂本は桂に将が現れたらとてつもない強さを発揮するとフラグを立てる。

坂本
「お家をつなぐため、仲間を護るためアイツは臆病な戦いを続けてきた。
逃げの小太郎と罵られても。
だがもしアイツが全てを預けられる将が現れたら、もしアイツが全てを賭けなければ勝てぬ敵が現れたら。
臆病者の皮を脱ぎ去ったあの男の臆病者の異名(な)がわかるかもしれんよ」


猩覚と激しい戦いを繰り広げている桂。
2人は建物の壁を蹴りながら空中で戦っている。
猩覚の大振りを避けて背後に回り込み一閃をおみまいする桂。
しかし桂の刀を口で受け止める猩覚、
桂の腹を如意棒で突く猩覚。
その衝撃で建物を突き抜けて吹っ飛ぶ桂。

桂に追い打ちをかける猩覚。
猩覚は桂目掛けて強烈な振り下ろし攻撃をみまう。
これで建物が崩壊。


ヅラじゃない桂だが生まれた時の回想。

「…ラ、ヅラ…」

幼い銀さんが桂に松下村塾で試合を申し込んでいる。

銀さん
「オイヅラ、たまには俺と一本闘ってみるか」


「は? 誰だヅラって」

005

銀さんは桂と呼ぶのが面倒だからヅラと呼びたいらしい。
しかし桂は人の名前はちゃんと言えと教える。
銀さんは高杉(バカ)と試合するのは飽きたらしい。
しかし高杉が勝ち越している模様。

銀さん
「勝つの目に見えてるし」

高杉
「オイ、五十七勝五十六負で俺のが勝ってるぞ。
それにそいつを誘っても無駄だぜ。
なんでも将たるは無闇に私闘で名を汚すものではないそうだ」


「そういうことだ。
ケガをしなくてよかったな」

銀さん
「じゃあ、俺がお前の変わりにその将ってやつになってやるよ」


「…は?」

桂が好き勝手できるように桂の将になってやると言う銀さん。

銀さん
「だから俺と居る時はお前はただのヅラでいろ」

009


「な…何を言って…」

銀さん
「これで私闘でもなんでも出来るだろ。
で、お前が居る時はお前が将ね」

高杉を指さす銀さん。
高杉はイライラ。

高杉
「結局他人に押し付けてんじゃねェぞコラ!!」

銀さん
「みんなで分け合った方が楽だろうが。
じゃあ前が月~水、ヅラが木~土、日曜日はヒマだったら俺が出るわ」

銀さんは将のシフトを組む。
言い出しっぺの銀さんはほぼ休み。
銀さんと高杉の小競り合いが始まる。

高杉
「シフト制にすんな!! お前ほとんど出てねェだろ!!」

銀さん
「で、将って何なの? 時給どれ位出んの」

高杉
「出るワケねェだろ。むしろ出す側だ!」

銀さん
「ああ店将ね」

高杉
「店将ってなんだ。店長みたいに言ってんじゃねェぞ」


(そうか、そうであったな)

桂は竹刀をヒャンと降る。

004


「剣を抜け。
お前たちなどに将が務まるか。
構えろ。誰が将に相応しいかハッキリさせてやる。
(お前たちはそうであった)」

銀さん、桂、高杉の顔アップ。

銀さん
「上等だ。いくぜェェェヅラぁぁ!!」


「ヅラじゃない桂だ!!」


桂VS猩々
建物が崩壊し瓦礫の山となっている。
振り下ろされた如意棒を掴み猩覚を激しく突く桂。

猩々
「惜しいね。
その腕があれば十二師団団長も張れただろうに。
だが楽しかったぜ。桂小太郎」


「桂じゃない。ヅラだァァァァァ」

『決意の一撃!!』

銀魂 ネタバレ 563話004

銀魂ネタバレ564話に続く。



2015年11月06日| |コメント:6Edit

コメント一覧

    • 6. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年12月22日 16:24
    • 4 ズラ、かっこいんだけど・・w
      いきなり、どーしたw モテ期入ったのか?
      まあ、ズラは元からかっこいいけどねw
      一応、ズラファンですw
    • 5. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月06日 19:06
    • ヅラかっこいいよヅラ
    • 4. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月06日 17:13
    • ヅラがかっこいい Z!
      ヅラじゃない桂だ とか 逃げの小太郎
      にそんな意味があったとは・・(後付けかもしれないけど)
      ま、面白いからなんでもいいや
    • 3. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月06日 13:02
    • 王道ジャンプ漫画展開すぎてワロタw
      ヅラかっけぇぇぇ
    • 2. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月05日 13:51
    • 攘夷時代の雰囲気に戻ると超かっこいいな!
    • 1. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年11月05日 13:45
    • え、なにこれなにこれ
      ヅラかっけええwwww

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます