キングダム ネタバレ 447話 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

キングダム ネタバレ 447話 画バレ

週刊ヤングジャンプ連載中、キングダム447話「総大将動く」の最新話ネタバレ、画バレ、確定、最新話、感想、あらすじ。

キングダム ネタバレ 447話001

キングダム 447話 ネタバレ あらすじ
キョウカイ達が目撃したのは戦に気付いていない集落民だった。
集落民を逃がそうとするキョウカイ。
桓騎軍の紹介。
ゼノウ一家、鬼砂一家という強烈なキャラが登場。
桓騎自ら出陣。
ゼノウ一家が活躍!?


スポンサーリンク

スポンサーリンク



キングダム ネタバレ 447話 画バレ
 キョウカイ達が目撃したのは集落で遊ぶ子供達と畑仕事をしている人々の姿だった。

キングダム ネタバレ 447話001

煽り
「キョウカイの目に映る戦場の実態。
戦火の中に紛れる人々の営みで戦が複雑にうねる─」

「…ただの樹海地帯ではなかったのか、黒羊は…。
中にこんな集落地が存在しているとは…」

煽り
「黒羊に広がる異質な光景─」

キョウカイ
「…。
(黒羊に着いてすぐに見たあのかすかな煙はやはり集落の生活の火の種だったのか。
─だとしたらここ以外にも集落はある…)」

「…ちょっと待て…。
あいつら何でのん気に畑仕事なんかやってんだ。
ガキ共も外で遊んでやがるし…。
まさかここで戦争始まるの知らねェんじゃ…」

「えっ!?
秦にだって領土内でも秦国に属しておらぬような辺境の僻地はいつもある。
こんな樹海地に戦の情報が伝わってなくても不思議じゃない。
…先へ行こう、キョウカイ。
これは奴らの問題だ。
厳しい言い方だが今の俺達には関係ない」

キョウカイは集落にいる小さい姉妹を見つめる。

「隊長?」

キョウカイ
(関係ないわけがないだろ。
この戦いはやはり複雑なものになるぞ信─…)

キョウカイは崖を下り集落へ。

キョウカイ
「黄丙は信の本隊に集落の存在を知らせろ。
他は周囲を警戒」

「!?」

「えっ!?」

キョウカイ
「私は連中に警告してくる」

「やめろキョウカイ。
連中にとっては俺達は仮にも侵略者だぞ」

「隊長っ」

キョウカイ
「一言伝えてすぐに戻る」

ナレーション
「キョウカイ達が集落を発見したのはちょうど飛信隊が奪われたと思った丘に登った頃である。
つまり黒羊の動きはまず戦場の右側で起こった。
そして右のバタつきから程なくしてこちら側の戦場も動き出す。」

 場面が慶舎達にうつる。

ガクエイ
「紀彗副将様が博打に勝ち副官二人のご活躍で事が楽に進みそうで感謝」

金毛
「調子がいいぞガクエイ」

ガクエイ
「金毛の背丈の低さでも視界がよいのにも感謝」

金毛
「ガクエイ」

キングダム ネタバレ 447話003

慶舎
「武功をあげたな紀彗」

紀彗
「バテイと劉冬の手柄です」

慶舎
「見ろ。
中央の丘─此度の戦の勝敗を左右する。
黒羊最大の丘だ。
左に憂いはない、このまま右だけ警戒して前身。
我々が先に占拠するぞ」

キングダム ネタバレ 447話002


 尾平達、巴印(桓騎軍)達は汗だくになりながら樹海を進軍している。

尾平
「か…桓騎軍の行軍っていつもこんななンスか?
巴印さん」

巴印
「あー?」

キングダム ネタバレ 447話004

尾平
「いや・・飛信隊も時々はこれよりもっと早いンスけど桓騎軍もこんなに走るんだって意外で…な…なァ?」

巴印
「あー、いや、いつもこんなに飛ばすわけじゃねェ。
今回は特別だ」

尾平
「特別?」

巴印
「─ま、詳しくは知んねェけどまず雷土軍が先行してつっ走って中央丘より奥に前線作るんだと」

尾平は自分達が所属する軍、役割も知らなかった。

尾平
「…─え、つまり俺ら雷土軍なんスか」

巴印
「あ?
そうだよ。
雷土軍の二列目だよ」

尾平
「あの左目周りにスミ入れてるおっかねぇ人か…」

巴印
「雷土さんはおっかねぇしメチャ強ェよ。
あの人の一家を取り込むのはお頭も相当苦労したらしいからな」

尾平
「…一家?
…取り込む?」

巴印
「…あんたらそっから知らねーのかよ」

ここで巴印から桓騎軍の解説。

巴印
「今は桓騎軍として一つにまとまってるけど元々はそれぞれ別の野盗団だったんだよ。
それをお頭が一つ一つつぶしたり説得しながら傘下に取り込んでこんだけでかくなったんだよ」

尾平
「えっすげェ」

キングダム ネタバレ 447話005

「じ、じゃあ中でも一番やばい雷土さんの隊に俺らいるってことスか」

巴印
「ん…ああ、まァな。
だが本当にやばい集団ってのは実は他に二ついる」

「クク、余計なこと教えんなよ巴印」

尾平
「本当にやばい集団!?」

巴印
「ああ、今俺達の左の茂み一つ隣を並走している一団─ゼノウ一家。
北で猛威をふるっていた夜盗団なんだが─本当はただの戦闘民族なんじゃねェのかってくらいとにかく戦狂いの連中だ。
桓騎軍の中でも間違いなく最強の武力を持っていて死地に喜々として突っ込んでいく」

キングダム ネタバレ 447話006

ゼノウ一家の頭のゼノウは怪力で蒙武より一回りもでかいらしい。
ゼノウ一家は奇声をあげながら行軍している。
その中にはネズミを捕まえて生のまま頭からかぶりついているやつもいる。

巴印
「力頼みの場面で必ず最大の働きをするこのゼノウ一家だが一つ大きな問題がある」

尾平
「問題?」

巴印
「連中はとにかく獣みてェに獰猛で常に殺気立っている。
気にくわなきゃ味方だろうとバンバン殺しちまう。
ゼノウにはお頭だってめったに近づかねェ。
だから間違ってもお前らの左の列に行くなよ。
よそ者のお前らなんて目が合っただけで虫のように殺されるぞ」

尾平
「お、お前らはぐれても絶対左にだけは行っちゃダメだ。
…あの…ちなみにもう一つやばい一家というのは…」

巴印
「…もう一つか…もう一つは今うちらの後ろの列にいる…灰面集団の砂鬼(さき)一家だ。」
こいつらに関しちゃこの桓騎軍の中で一番残虐な集団と言えば十分だろ

キングダム ネタバレ 447話007

砂鬼一家は人間の尻から口まで木を通して喜んでいるヤバイ連中らしい。

巴印
「中華一の不運は砂鬼にとっ捕まることだって皆が言う。
つーわけで後ろからもやべぇのが走ってきてるっつーことだ」

尾平
「おっお前らしっかり走れ、へばって足止めんなよ!」

尾平は飛信隊に戻れるか心配する。
そこへ後ろから追い付いてくる軍が。
それは鬼砂一家ではなく桓騎だった。

キングダム ネタバレ 447話000


尾平
「あっ、かっ桓騎将軍!!」

巴印
「お頭!?
…なっなんでこんな所にお頭がっ」

桓騎
「お前ら雷土の二列目か?」

巴印
「はっはい!」

桓騎
「もう一つ左だなリン玉(りんぎょく)」

リン玉
「っスね」

巴印
「何かあったんスか。
わざわざご自分でこんな所に…」

桓騎
「いや、…ちょっとな」

リン玉
「右の下僕が早くもしくじりやがった」

キングダム ネタバレ 447話008

尾平
(え?)

桓騎
「行くぞ」

リン玉
「っス」

尾平
「…え?」

 行軍する桓騎軍。
そこにゼノウ一家が。

リン玉
「だっ大丈夫スかお頭、このまま突っ込んで」

桓騎
「大丈夫だ」

ゼノウ一家モブ
「何じゃてめェら」
「ここを誰の隊だとっ…」

桓騎
「ジャマだ」

斬り伏せる桓騎。

リン玉
「斬っちゃダメでしょお頭─」

キレるゼノウ一家のモブ。
騒ぎに気付くゼノウ。

ゼノウ
「…ん?」

ゼノウは騒いでいる場所を見るがその反対側に現れる桓騎。

桓騎
「相変わらずだなお前の所は。
さっそく仕事だゼノウ。
お前の力で盤上を叩き壊してこい」

ギョロっと桓騎を見るゼノウ。

ゼノウ
「…カンキ…」

煽り
「信軍劣勢の気運の中、桓騎の策略が怪しく煌めき出す。
ゼノウの武力が戦を掻き乱す!!?
次号、両軍、激しく激突する…!?」

キングダム ネタバレ 447話010

キングダム448話ネタバレに続く。

2015年09月18日| |コメント:3Edit

コメント一覧

    • 3. 名無しのユーザー
    • 2015年09月20日 18:34
    • やっぱお頭みたいなタイプのキャラは場を引っ掻き回すから面白いなぁ。信には一矢報いてお頭に張り合って欲しい。
    • 2. 名無しのユーザー
    • 2015年09月19日 18:00
    • お頭色々とすげェ人だwww
    • 1. 名無しの漫画好き
    • 2015年09月19日 06:23
    • ゼノウもあっさり負けたら面白い

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます