ワンピース ネタバレ 802話 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ワンピース ネタバレ 802話 画バレ

週刊少年ジャンプ連載中、ONEPIECEワンピース802話「ゾウ」の最新話ネタバレ、画バレ、確定、感想、あらすじ。

ワンピース ネタバレ 802話 エドワード・ウィーブル

ワンピース ネタバレ 802話 ネタバレあらすじ
ゴーイングルフィセンパイ号でゾウへと向かうルフィ達。
最後の王下七武海が登場。
ウィーブルが白ひげ海賊団残党狩りを行っている。
ウィーブルは黄猿が若い頃の白ひげ並の強さと評価している。
ゾウの正体は巨大な像だった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ワンピース 802話 ネタバレ画バレ
 ジャンプ表紙は傾いているルフィ。

「ついにお披露目!! 待ってました麦わら屋ァ!!」

ワンピース 歌舞伎 表紙


 Cカラーは和装で団子を食べる麦わらの一味。

ワンピース ネタバレ 802話 センターカラー

 次の島であるゾウに向けゴーイングルフィセンパイ号で航海しているルフィ一行。
しかし海は大荒れ、巨大なひょうが降ってきて航海士がいないためてんやわんや。

ロビン
「は…大きいわよ! 危ない!!」

バルトロメオ
「ルフィ先輩たづ早ぐ船内へ!!」

ルフィ
「何言ってんだ、手伝うぞ」

ワンピース ネタバレ 802話001

船の甲板には穴が空いてしまう。
フランキーは航海士に指示をあおぐがバルトクラブには航海士がいない。

フランキー
「船どっちに動かす!? 航海士は誰だ!? 指示しろ!!」

バルトロメオ
「あ、ウチ航海士いねェんです。
おれら元々陸のギャングなんで」

ウソップ
「新世界だぞここ!!」

バルトクラブは困った時には田舎のおばあちゃんに電伝虫で連絡して乗り切ってきたらしい。
ばあちゃんは甲板にくっついて取れないガムがあったらひょうを布で包んでガムを冷やせば取れやすくなるとの関係ない知識を教える。

ガンビア
「もしもしばーちゃん!?
おれガンビア、いやーでけーヒョウが降ってきてよ」

バルトロメオ
「困った時ァいつも田舎のばーちゃんに電伝虫を」

ウソップ
「そうか! 海に詳しい相談役が…!! とにかく急げ」

ガンビア
「おい、わかったぞ!! 甲板にへばりついて取れねェガムあるよな!!」

バルトクラブ
「あるある、ずっと困ってた!!」

ガンビア
「そのひょうを布に包んでガムを冷やせ」

バルトクラブ
「驚くほど簡単に取れた!!」

ウソップ
「その知恵袋今いらねーよな!!」

バルトクラブ
「ギャアア!!」

ウソップ
「見ろ、やられたー!!」

ガンビア
「コブには砂糖をぬり込めって」

ウソップ
「知恵袋もういいわ!!」

ルフィ
「やべェこの船沈む!! ナミ助けてくれー!!」

ウソップ
「あれだけ船を選べたのに乗る船間違えた!!」

ゾロ
「おれたちで何とかするしかねェな」

ロー
「本気かコイツら…」

フランキー
「せめてサニー号の設備がありゃ!!」

ロビン
「うふふ、賑やか」

 ゾロはバルトロメオにバリアを張ってひょうを防ぐよう言う。
が、バルトロメオは自然に逆らうとばちが当たるとばあちゃんに教えられたと言って渋る。

ゾロ
「まずお前、バリア張ったらどうだ」

バルトロメオ
「だどもばーちゃんが自然に逆らうとバチが当たると」

ゾロ
「恐ェなら陸へ帰れ!!」

バルトロメオ
「野郎共、神をも恐れぬ麦わらの一味がいてくれりゃ千人力だべー!!」

ゾロ
「お前らよく今まで生き残ったな!!」


 海軍本部では黄猿が報告を受けている。
白ひげ傘下であるAO(アーオー)海賊団が7人目の七武海によって壊滅させられる。
白ひげの傘下では16人目。
7人目の七武海は口論になり町ごと吹っ飛ばしたのだという。

 町ごといったため民間人の被害も甚大。
それで七武海であるとしても黙認するか迷っているらしい。
7人目の七武海が自称白ひげの息子を名乗っているというのも疑わしいと言う海兵。
しかし黄猿は7人目の七武海は圧倒的な強さを持っているため利用価値があると言う。
その強さは白ひげの若いころと同じだとも言う黄猿。

海兵
「元白ひげ海賊団傘下のA・O海賊団全滅です!!」

黄猿
「またあいつかい?」

海兵
「ええ、七武海エドワード・ウィーブルです!!」

黄猿
「白ひげ傘下の船長達は…これで何人やられたんだい」

海兵
「16人目です。
いつもの様に何やら口論の末その町ごと吹き飛ばされた模様。
死傷者はざっと600名…。
奴の通った後はいつも民間人への被害が甚大で七武海とてこれに目を瞑っていていいものか…」

黄猿
「困ったね~」

海兵
「白ひげエドワード・ニューゲートの実の息子という肩書きは強力ですが疑う者も多く…」

黄猿
「ん~まぁその真偽はこの際我々にはどうでもいい。
血筋がどうあれ…確固たる価値が1つ…!!
奴は海賊として…圧倒的に強い…!!
まるで本当に白ひげの若い頃の様に…強さだけだけどねェ」

ワンピース ネタバレ 802話002


 7人目の王下七武海のエドワード・ウィーブルが登場。
王下七武海、自称白へげJr.エドワード・ウィーブル、元懸賞金4億8000万ベリー。

ウィーブル
「どいつもこいつもバカで話になんねーんだど!!
口を揃えてこー言うんだ!!
白しげの息子達は白しげ海賊団だけだって!!
母(か)ーたん、母ーたん、おで!!!
白しげのむすこだよね!!
しげ白いし!!!」

ワンピース ネタバレ 802話 エドワード・ウィーブル

ウィーブルの母も登場する。
ウィーブルの母は白ひげの愛人だと自称している。
ウィーブルの母、自称白ひげの愛人、ミス・バッキン。

ミス・バッキン
「そーだよアンタ。白ひげ海賊団はただの家族ごっこさ!!
かつての世界最強の海賊白ひげの血をひいた実の息子はお前だけなんだよ!!
そいでアタシは!! 白ひげが愛した女!! しっかりおし!! このアタシの宝物!!」

バッキンはウィーブルの脛を杖で叩く。

ウィーブル
「痛ェよ、母ーたん!!」

バッキン
「これをごらん!!」

ウィーブル
「え? かがみか?」

バッキン
「違うよ。
白ひげの写真だよ!!」

ウィーブル
「何だ。
かがみかと思ったど!!」

バッキン
「こんなに似てて親子じゃねーわけねェだろ!?
バカだね全くこのコは!!」

ウィーブル
「ああ母ーたんゴメンよー!!」

バッキン
「だが…許すよ…ビコーズ!! アイラビュー!!」

ウィーブル
「母ーたーん!!」

バッキン
「さァ行くよ!! アンタのやるべき事を言ってごらん!!」

ウィーブル
「えっとで~…忘れた」

ワンピース ネタバレ 802話 ミス・バッキン


ウィーブルの母はマルコ等白ひげ海賊団の残党を狩るように指示する。
白ひげの残した遺産は正統な後継者であるウィーブルが受け取るべきだと言う。
ウィーブルは白ひげ(父親)を殺した黒ひげを倒したいらしい。
しかし敵討ちなど一銭にもならないとミス・バッキン。
ウィーブルの元へ新聞が届く。
マルコ達についてルフィ達が何か知っているかもしれないとルフィ達の元へ向かおうとするウィーブル。

バッキン
「不死鳥マルコを始めとする白ひげ海賊団の残党共を捜し出すのさ!!
そしてブン取るんだよ!!
アンタの父ニューゲートが残したハズの莫大な遺産は奴の実子のお前こそが正統な相続人だ!!」

ウィーブル
「ふーん、ほーかほーか。
ほーだでもおではやっぱし仇をうつど。
父ーたんを殺した黒しげをおでは…!!
ぶっ殺してやるんだど!! 絶対に許さねェんだど!!」

バッキン
「バカだね。
仇討ちなんて流行らないよ!!
1ベリーの得にもなりゃしない!!
金だ金!!
遺産を相続するんだよ!! ん~!?」

ウィーブル
「どしたんだ? 母ーたん」

バッキン
「ドフラミンゴがやられたよ…!!
またあいつだ!!
ガープの孫だね!!
頂上戦争じゃマルコ達が奴を守ったって噂も…」

ウィーブル
「じゃあマルコの事知ってるかもしでねェ!! シメにいく?」


 ルフィサイドではバルトクラブがゆっくり動く生物のような島を発見。
それから離れようとするウソップだがローが止める。
バルトロメオ達は船酔いがすごい。

ゾロ
「船酔いしすぎだろお前ら。
それでも海賊か!!」

ガンビア
「ガム…ガム…ガム噛めば少しマシになるってばーちゃんが」

ウソップ
「それでこの船、いたる所にガムくっついてんのか!!」

バルトクラブ
「ボス!! 2時の方向、何か見えます、オ~~エ!!」

バルトロメオ
「何かって何だべ!! ウエ~…」

バルトクラブ
「深い霧の中に…あれは山か…怪物かオ…オエ」

バルトロメオ
「山と見間違う怪物がいてたまるかオエ~!!
しかしさっきからゆっくり動いてる様な…オ~エ。
おめーが酔ってるだけだべウ~プ…」

ルフィ
「動く山なら行ってみよう!!」

ウソップ
「バカバカ。
とにかく今は一刻も早く霧の迷宮から脱出するんだ!!
岩礁にぶつかって転覆するぞ」

ロー
「待て、ゴッド」

ウソップ
「ゴッドてお前~照れる~2億の男照れる~」

ロー
「大将クラスがチェック済みだろう。
見ろ。
ビブルカードはアレを指してる」

ルフィ
「おーホントだ お前の仲間がいるんじゃん!!」

 この島は深い霧に覆われ外側に押し返す海流で侵入者を阻む。
サンジ達はかなり前にゾウに到着しているらしい。
ローがバルトロメオに食料を分けてくれと頼むが拒否される。
しかしローが麦わら屋に分けてくれと言い方を変えると快く食料庫の全てを渡すバルトロメオ。

ロー
「深い霧と押し返す海流で侵入を阻む島だと聞いてる」

フランキー
「帆をたため。
オールで直進する!!」

バルトクラブ
「了解です!! オエ~」

フランキー
「何だその返事は!!」

ロビン
「ウソップ、顔色が悪いわよ ガム貰う?」

ウソップ
「現実から目を背けていた…」

 そしてルフィ一行はゾウに到着する。
ゾウの正体は超巨大な像。

ワンピース ネタバレ 802話 ゾウ

その背中が大地になっている。
ゾウは常に海を漂っているため一定の位置に留まらないため幻の島と呼ばれている。
陸ではないゾウにログポースでは辿り着くことはできない。
ゾウには人間を嫌うミンク賊がいるらしい。
ゾウの歴史は1000年くらい。

ルフィ
「ここがゾウって島!?」

バルトロメオ
「いやおかしいべ!!」

ウソップ
「コレはマズイ!! 逃げるぞ旋回ィ!!」

ロー
「いやココでいいんだ」

ルフィ
「トラ男お前コレ…!! 象じゃねェか~!!」

ロー
「あァ。
ゾウは巨大な象の背に栄えた土地の名だ」

ウソップ
「えええ~!? 生きてんのか!? コレ」

ロー
「常に動き続け…一定の場所には存在しない幻の島… 。
陸じゃねェからログポースじゃ辿り着けねェ。
おれも来るのは初めてだ。
背を向けてるって事は黒足達はもうだいぶ早く着いた可能性があるな」

ロビン
「私達は遠ざかる象を追いかけてたのね…」

ロー
「ああ。
上陸の準備をしろ。
食糧を分けてくれるか」

バルトロメオ
「何でおめェに!!」

ロー
「麦わら屋に分けてくれるか」

バルトロメオ
「食糧庫の全てを持ってってくれ!!」

錦えもん
「これがゾウ!!
海外にはかくも異なる者が存在するのか…!!
モモの助は無事でござろうか…!!」

カン十郎
「おい! ゾウには人を嫌う種族が住むとか…」

ロー
「ああ、ミンク族だ。
人を寄せつけずその国の歴史は1000年近いと言われてる」

ウソップ
「1000年!? 象の背中に!?」

ルフィ
「じゃあ、あいつは1000年も生きてる象なのか!!?」

煽り
「新たなる冒険は古の象の上!!
ゾウの国に着いたゾーウ!!」

ワンピース ネタバレ 802話 ゾウ

ワンピースネタバレ803話に続く。

2015年10月01日| |コメント:12Edit

コメント一覧

    • 12. おまん光太郎
    • 2015年10月04日 14:12
    • 自称白髭の愛人すごいなぁ…
    • 11. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年10月03日 22:42
    • もっとカッコいい敵書いて欲しいな。
    • 10. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年10月02日 22:33
    • NARUTOで似たようなのあったよな。カメかなんか
    • 9. 名無しの漫画好きさん
    • 2015年10月02日 10:56
    • ウィーブルは薙刀で攻撃するのか?
      能力と武器使いが妥当か
    • 8. 名無しの漫画好き
    • 2015年10月01日 19:48
    • やっぱ天才だは。
      ゼファー倒したやつがこんなモブ面でゾウが像なんて誰も想像してなかっただろ
    • 7. 名無しのユーザー
    • 2015年10月01日 19:37
    • やっぱ予想出来ねぇなワンピースは♪
    • 6. 名無しの漫画好き
    • 2015年10月01日 16:45
    • そのまま像ってことだったのか
    • 5. 名無しのユーザー
    • 2015年10月01日 15:45
    • これに敗けたゼファーェ…
    • 4. 名無しの漫画好き
    • 2015年10月01日 15:23
    • おい・・・なんだよこの七武海・・・
      見た目が完全に雑魚なんだが
    • 3. 名無しの漫画好き
    • 2015年10月01日 14:21
    • この体型なら怪力系なのか?
    • 2. 名無しの漫画好き
    • 2015年10月01日 13:24
    • 茶ひげっぽいw
    • 1. 名無しの漫画好き
    • 2015年10月01日 13:08
    • こいつがゼファーの腕をやったやつなのか?
      ただのモブじゃねーかw

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます