ワンピース ネタバレ 805話 画バレ|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

ワンピース ネタバレ 805話 画バレ

週刊少年ジャンプ連載中、ONEPIECEワンピース805話「ミンク族」の最新話ネタバレ、画バレ、確定、感想、あらすじ。

ワンピース ネタバレ 805話001

ワンピースネタバレあらすじ805話
キャロットの電気を帯びた攻撃は特殊な武器を使っていた模様。
くじらの森の侵入者はルフィ。
ナミの服を着ていたミンク族は犬のミンクのワンダ。
ワンダはウソップ達にゾウの右腹に行けば仲間に会えると教える。
しかしそれは死体らしい。
ルフィは牛のミンクのロディと戦闘。
ロディも電撃を放っているがルフィには全く効かない。
ベポはクマのミンク族。
ワンダ達の国はジャックに滅ぼされてしまったらしい。
サンジ達が死亡?というミスリードを誘う展開に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ワンピースネタバレ画バレ805話
扉絵は短期集中表紙連載、世界の甲板から~5億の男編~海の果てまでニュース・クー。

ワンピースネタバレ805話001

 キャロットの電気を帯びた攻撃を受けたゾロの刀はまだバチッと電気が走っている。
キャロットの獣っぽい手は自前ではなく武器らしい。

ゾロ
「…!!
何だあの武器…!!
一瞬電気が走った!!」

キャロットはナミの服を着たミンク族に侵入者について聞き返している。
手の武器はまだ放電状態。

キャロット
「くじらの森に侵入者!?」

ワンピース ネタバレ 805話001

ミンク族の乗る巨大なワニのような生き物は木々を軽々となぎ倒している。

ミンク族
「ええ、マズイ事に!!
侠客団(ガーディアンズ)を怒らせてしまう!!」

ワンピース ネタバレ 805話002

フランキーはミンク族が人間か動物なのかと困惑している様子。

フランキー
(人間!? 動物!?)

ウソップは鼻水を垂らしならがナミについて聞く。

ウソップ
「お…おい!!
お前ェ!!
その服一体どこで手に入れた!!
ナミに何をしたんだ!!?」

ワンピース ネタバレ 805話003

ロビンはミンク族が食人族ではないかとまた恐ろしいことを言う。
それにちゃんとつっこみを入れるウソップ。

ロビン
「食人族かしら」

ウソップ
「コエー事言うなァ!!」

くらじらの森に侵入者が入ったと聞いてキャロットは腰を深くおろし勢いをつけて空高くジャンプ。
その跳躍力に驚くフランキー。
空からくじらの森の方を見るキャロット。
そしてキャロットはくじらの森で異変が起きていることを確認する。

ウソップ
「ギャー、すいません食わないでー!!」

フランキー
「何てジャンプ力…!! これがミンク族の身体能力か」

ミンク族
「どうだ!? 見えるかキャロット!!」

キャロット
「見えた!! ちょっと手遅れかも…!!
クラウ都より一直線!!くじらの森で諍いが!!」

ワンピースネタバレ805話002

ミンク族の乗る動物はワーニー。
ミンク族は先を急ぐためウソップ達に行先を告げる。
そこには仲間の死体もあるのだと言うミンク族。

ミンク族
「やはりか!! 急ごう!!
ワーニーに乗れキャロット!!」

キャロット
「はいっ!!」

ミンク族
「ゆティア達を連行しているヒマはない!!
指示に従え!!
ここより右手右尻(ウシリー)の森を進み闇深き沼を左折!
右腹(ウバラ)の森へ行け!!
ゆティアらの仲間の死体がそこに!!」

一行
「!? えェ〜っ!?」

ミンク族
「右腹の森で待て!! 私達も後で向かう!!」

ミンク族とキャロットはワーニーに乗り先を急ぐ。
ミンク族はウソップ達が麦わらの一味だと知っている。
キャロットはウソップ達がショックを受けるだろうと意味深な発言をする。
くじらの森に侵入したのはルフィ。
「あティアらは船長だろうと容赦ないぞ」とミンク族は言う。

キャロット
「大丈夫!? あティアら!!」

ミンク族
「あれは麦わらの一味だ!!」

キャロット
「え!? …!! ショックを受けるだろうね」

ミンク族
「仕方がない!! 起きてしまった事だ!!
今くじらの森に侵入したのはおそらく海賊麦わらのルフィ。
あティアらの船長だろうが容赦はないぞ…」

ロビンは「死体が残っているということは食べられてはいない」と言う、それに対して「そういう問題じゃねェ、ふざけんな」とつっこむウソップ。
そんなウソップに落ち着くよう言うゾロ。
ぐるまゆがいるから殺されるようなヘマはないとゾロは言う。

ロビンはローに仲間との連絡手段はないのかと聞くが「ない」とすっぱり答えるロー。
また会えるとは思っていなかったからなとローは答える。
ローはペポのビブルカードを持っていたことを思い出し取り出す。
ゾウはベポの故郷、ベポもミンク族だった。
小さい時にベポはゾウを離れ島の記憶は少ししかないらしい。
ベポと仲間になって10年にもなるロー。
だからベポは信頼できるとローは言う。

ウソップ
「うわあああ〜!! あいつらが殺された〜!!」

ロビン
「死体が残っているという事は食べられてはいないという事ね…」

ウソップ
「そういう問題じゃねェ!! フザけんな!!」

ゾロ
「落ち着け…ぐる眉がいるんだ。
そんなヘマしねェよ」

フランキー
「そうさ。あいつらが簡単に死ぬタマか!!
おれ達を動揺させ誘導するワナだ!!」

ロビン
「…ええ、全く信じ難いわ。
トラ男君、あなたの仲間達がここにいるんでしょ? 連絡手段は?」

ロー
「…ない…!!
また会えるとも思ってなかったからな…だがそうか、忘れてた。
ビブルカードがある。
これはウチの航海士ベポのものだ」

ウソップ
「そういや喋るシロクマがいたな! あれもミンク族か!?」

ロー
「ああ、ここはあいつの故郷…!!
…だが当人にもこの島の記憶はあまりなかった。
幼い頃に島を出ちまってるからな。
10年来のおれの仲間だ。
信頼はできる。
正確な情報を得たければまっすぐだ」

ウソップ
「まっすぐ行くと町があったぞ! 大丈夫か?」

ゾロ
「そこへ行こう。
見知らぬ動物に従うよりはいい」

くじらの森ではさっそくルフィが牛のようなミンク族と戦闘中。
2人は頭突きで闘っている。
そんな2人を止めようとしている負傷し包帯を巻いているベポ。

ベポ
「そこまでそこまでー!!!
そいつは知り合いなんだー!!!」

ワンピース ネタバレ 805話001

ルフィはゴムゴムの鐘を撃つ体制に入っている。
知り合いでも侵入者だと言って攻撃を止めようとしない牛ミンク。

牛ミンク
「知り合いだろうが侵入者!!
モォ~」

ルフィ
「鐘ェ」

牛ミンク
「頭(ガラヴァ)ァ!!!」

牛ミンクもキャロット同様、電撃を走らせている。

ワンピース ネタバレ 805話002

しかしゴムゴムのルフィには全く効かない。
ジャンバールがゴリアのミンクを力で止めようとするが一本背負いで投げ飛ばされてしまう。

ゴリラのミンク族
「!! …ウホ…なぜガラ…エレクトロが効かんのだ!!」

ジャンバール
「もう力づくで止めるしかねェな!!」

ゴリラのミンク族
「邪魔をするな!!」

ハートの海賊団船員
「やっべェ!! 手に負えねェ!!」
「何て怪力だ!!」

そこへ謎の人物が登場。

謎の人物
「そこまでだ侠客団(ガーディアンズ)!!」

現れたのはワーニーに乗ったミンク族とキャロット。
ヒラヒラした布とバナナを投げて暴れているミンク族を止める。
暴れていたミンク族は水牛のミンクのロディとゴリラのミンクのBB(ブラックバック)。
ジャンバールはのびている。
ロディは布に闘牛かのようなタッカル、ブラックバックは幸せそうにバナナを食べる。
この2人はくじらの森のガーディアンズ。

牛のミンク
「ぬう!?」

ゴリラのミンク
「わーい!! バーナナー」

ルフィ
「犬!?」

ワンピースネタバレ805話003

ナミの服を着ているのは犬のミンクのワンダで戦獣民族。
ウサギのミンクのキャロットも戦獣民族。

ワンピースネタバレ805話004

ワンダはガーディアンズは何もしなからもう抵抗するなとルフィに言う。
ルフィいわくチョッパーみたいな不思議なやつらばかりの国。
なにもしていないのに襲われたと反論するルフィ。
それは入ってはいけない森に侵入したからだとワンダはルフィに教える。
そしてルフィの顔を犬のように舐める。

ワンダ
「ゆティアらは麦わらのルフィだな。
私はワンダ! こティアも何もしない。
もう抵抗するな」

ルフィ
「不思議な奴らばっかりいる国だな。
チョッパーがいっぱいいるみてェだな。
おれ何もしてねェのにあいつら急によ!!」

ワンダ
「それはゆティアが入ってはならぬ森へ侵入したからだ。
侠客団!! すぐに連れ出す、許してくれ」

ワンピースネタバレ805話005

ワンダはルフィの侵入を許してくれるようガーディアンズに言う。
ガーディアンズのリーダーっぽいペドロなる人物がそれを了承。

ペドロ
「ワンダに免じて退くぞロディ! BB!!」

ワンダ
「…ペドロ」

ペドロ
「全員退け!!」

ガーディアンズは撤退していく。
ワンダは今が月夜じゃなかったことに感謝しろとルフィに言う。
それを聞いてポカン状態のルフィ。

ルフィ
「囲まれてたのか!!」

ワンダ
「…今が月夜でなかった事に感謝しろ」

ルフィ
「?」

ルフィはベポのことを忘れている。
それに頂上決戦の後世話してやったのにとショックを受けるベポ。

ベポ
「おれ達のこと覚えてねーのか。
頂上戦争の後世話してやったのに!!
ショックだぞおれ!!」

ルフィはベポのことをトラ男んとこの喋るクマじゃねェかと思い出す。
しかしベポはトラ男がローのことをさしていることが分からない。

ベポ
「トラオ!? 違うよおれ達トラファルガー・ローの部下だよ!!
ハートの海賊団!!」

ルフィ
「だからそう言っただろ」

ベポ
「言ってねーよ!!」

シャチとペンギンはルフィとローの同盟を新聞で知ったらしい。
キャプテンと一緒なのかとルフィに訊く。
ルフィはまたローのことをトラ男と言い「だから誰だよそれ」とハートの海賊団はまだ分かってない様子。
ルフィはローのことだと教えてあげる。
するとハートの海賊団はキャプテンに早く会いたい言って泣き出してしまう。

ハートの海賊団
「いやー新聞読んでたよ! 驚くニュースばっかで!! おれ達同盟なんだろ!?」
「キャプテンも一緒か!?」

ルフィ
「ああ、トラ男なら一緒だ」

ベポ
「だから違うって!! 誰だよそれアイアイ〜っ!!」

ルフィ
「トラ男はローだよ」

ベポ
「そうなの!? 知らなかった!! じゃあキャプテン来てくれたんだな!! やったー!!」

ハートの海賊団
「キャプテン早く会いてェよ〜うお〜ん」

ゾウの背の中心クラウ都。
ロビンは数十万人は住めるほどの都市から住人が一人残らず消えているなんて襲撃と考えてよさそうだと話している。
ウソップはサンジ達をはやいとこ見つけてすぐ国から出ようといつもの逃げ腰具合。
ロビンは生活の痕跡があることから襲撃は最近行われたものだと推測する。
ゾロは拷問器具のようなものを発見。
引き裂かれたような爪痕が多く敵は人間かどうかも疑わしいとゾロは言う。
クラウ都には巨大な足跡も残っている。
この国は怪物や獣達に襲われたのかと予想する一行。

ロビン
「襲撃と考えて間違いなさそうね。
数十万人は住める程のこの都市から1人残らず住人が消えているなんて…」

ウソップ
「やべー!! この国やっべ〜!! 逃げよう!! サンジ達を見つけてすぐに!!」

ロビン
「見て…まだ生活の跡がある。
つい最近の出来事ね…」

ゾロ
「これは拷問具か…?」

ウソップ
「うおお!! こんな視野の広い場所にいちゃダメだ!! 敵はまだ近くにいるぞ。狙われるー!!」

フランキー
「敵が人間かどうかも疑わしいな。
引き裂いた様な爪痕が多い」

ウソップ
「ひいい〜!!」

ロー
「…それに巨大な足跡…!!
ミンク族の国を…怪物や獣達が襲ったのか…?」

フランキー
「ゾウか? コレ」

ロー
「爪痕に関しちゃ仲間割れの線もあるな」

ロビン
「確かな事は…この国はほんの1、2週間前に…突如滅びたんだわ…!!」

ウソップ
「!? え〜!?…じゃあサンジ達は!?」

ワンピースネタバレ805話006

ルフィサイド。
ルフィもワンダから国が滅びたことを知らせている。
その国は数百年もの歴史がりモコモ公国という。
半月前まではみんなが笑顔で暮らしていたらしい。
国を滅ぼしたのはジャック。

ルフィ
「滅んだ!? …だから誰もいなかったのか」

ワンダ
「数百年の歴史ある国の名はモコモ公国。
つい半月前の記憶を辿れば皆の幸せな顔が浮かぶ…!!
この国を滅ぼした者の名はジャック!!」

ルフィ達のいる付近で地鳴りが発生する。
ワンダはワーニーに乗るよう言う。
ルフィをゾウの右腹にいる仲間立の元へと案内するワンダ。
ルフィはサンジ達がいるんだなと喜ぶもワンダは汗を垂らし無言。

ルフィ
「わ!! 何だ地震!?」

ベポ
「噴火雨が来るぞ!! 木に登れ!!」

ワンダ
「…いや!! ワーニーに乗れ!! 右腹へ案内する。仲間達の元へ!!」

ルフィ
「よかった。
サンジ達いるんだな!!」

ワンダ
「…!!」

ルフィ
「ん?」

煽り
「え…まさか…」

ワンピースネタバレ805話007

ワンピースネタバレ806話に続く。



2015年10月28日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます