七つの大罪 ネタバレ 135話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

七つの大罪 ネタバレ 135話

ほんの挨拶

力を取り戻したメリオダスはマーリンに自分を敵陣まで転送して欲しいと言う。
転送することは可能だが連れ戻すのに10秒はかかってしまいその間に殺される危険性は高いとマーリンは言う。
それを承知するメリオダス。

メリオダスはガランの目の前に現れる。
そして6秒でガランをフルボッコ。
次はゼルドリスに向かっていくメリオダス。
三千年前の続きをやるなら全力で叩き潰すとメリオダスは言う。
ゼルドリスとフラウドリンの挟み撃ちが決まる寸前に10秒が経過しメリオダス生還。

『報いた一矢! !虚空に轟く敗者の雄叫び! !反撃の時がついに来た!!!
示した実力! !ついに果たした<十戒>ガランへのリベンジ!! 10秒の死闘、終結!!』

七つの大罪ネタバレ136話「散開する恐怖」に続く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年08月01日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます