食戟のソーマ ネタバレ 128話|アニメ漫画の影響力

アニメ漫画の影響力

【ネタバレ】ジャンプ、ヤングジャンプ、マガジン、放映中のアニメ中心のまとめサイトです。ワンピース、ブリーチ、銀魂、暗殺教室、僕のヒーローアカデミア、食戟のソーマ、東京喰種(トーキョーグール):re、テラフォーマーズ、キングダム、進撃の巨人、フェアリーテイル、七つの大罪のネタバレ、感想も掲載。东京食尸鬼、tokyo ghoul、spoiler。

食戟のソーマ ネタバレ 128話

週刊少年ジャンプ連載中、食戟のソーマ128話「視覚」の最新話ネタバレ、画バレ、確定、感想、あらすじ。

週刊少年ジャンプ2015年35号


食戟のソーマ ネタバレ 128話 あらすじ
久我を倒す鍵は麻婆。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


食戟のソーマ 128話
タイトル『視覚』

華やかな会場では遠月戦隊という催しものや伝説の料理漫画が売っている。
その裏では熱いバトルが繰り広げられている。
吉野と榊がソーマ達の所に来ている。
ソーマ達はまだ赤字のまま。
榊が「疲れ気味だね」と言うとソーマは田所に「休憩して学祭楽しんでこいよ」と言う。
1人で回せる程度の客しか来ないから平気らしい。
久我がソーマの元へ。
景気悪そうな顔してると迷惑だから店仕舞いしろと言う。

ゆきひらの麻婆は常連のみんなが楽しめる味を親父が追求したものだから親父の味が久我に負けてるわけではない。
その麻婆をベースに発想を乗っけることができれば勝てるらしい。
中華研は何から何まで満点だと思う?

3日目夜。
富田さんに電話。
店回りの品を手配する。
田所が主将に電話(郷土研?)。

4日目。
富田さんにベンチを用意してもらったお礼に一品。
ソーマは久我にたいして客商売に関しては10年先輩と言う。
「料理で勝つ」

煽り
「麻婆麺+αで久我を討つ」

アニメ情報。
叡山の声は杉田智和。

食戟のソーマ ネタバレ 129話に続く。

2015年07月23日| |コメント:0Edit

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Copyright © アニメ漫画の影響力 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます